取引所は、FTXの崩壊に伴い、ユーザー保護基金に25億ドルを約束しました:報告書

ブロックチェーン・アナリティクス企業のNansenが6月14日に発表した新しいレポートによると、FTXの崩壊に伴い、最も信頼できる仮想通貨取引所の多くがユーザー保護基金を採用しました。Binance、OKX、Bitgetなどの取引所は、合わせて名目の保護基金で20億ドル以上を保有しています。一方、Huobiの保険基金は20,000ビットコイン(BTC)で担保が確保されており、Coinbaseは英国の顧客の口座に最大で15万ポンド(18万9140ドル)相当の保険を提供しています。Nansenの研究者は以下のように書いています。

「Reservesの証明は、取引所業界の最低基準となるべきです。ただし、前述のように、これらは取引所のポジティブな指標ですが、その支払能力を保証するものではありません。」

Binanceは、スポットおよびデリバティブ取引量の両方においてトップの地位を維持しています。スポットセクターでは、取引量の市場シェアが69%で、5月の月間取引額は2095億ドルでした。スポット市場では、FTXの崩壊後の6か月間でKrakenの取引量が最も増加し、前の6か月間に比べて14.35%増加して189億ドルに達しました。一方、同じ期間にBitfinexの取引量は最も減少し、5億ドルに59.5%減少しました。

仮想通貨デリバティブについては、FTXの崩壊に伴い、すべての取引所が減少しましたが、Bitgetは平均6か月間の取引量が4.85%順次増加し、2041億ドルに増加しました。FTXの崩壊以降、Bitget、Bybit、Binanceは比較的良好な成績を収めていますが、Nansenは、アメリカの不確定な規制環境が取引所の成長に影響を与えると警告しています。

「SECの議長Gary Genslerは、ほとんどすべてのトークンが証券であると提唱しています。これにより、多くの取引所が米国での運営を妨げられています。米国がこの公式の立場を取る場合、CEXに対して世界中で重大な問題が発生する可能性があります。この立場を注意深く監視することが重要になります。」

雑誌:Binanceが恥をかく、香港に10万人の暗号通貨労働者が必要、中国のAIユニコーン