「Unstoppable Domains」の.com統合を詳しく見てみると

「Unstoppable Domains」の.com統合について詳しく見てみると

Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメイン)は、Web3ドメインの有名なプロバイダーで、最近、「.com」アドレスを統合し、サービスを拡大しました。

この動きは、従来のWeb2ドメインと進化中のWeb3ドメイン空間を統合した最初の試みとなります。この統合により、既存のWebインフラストラクチャと新しいWebの間で、ユーザーが両方のドメインとやり取りできるようになります。

.comドメインをブロックチェーン技術に統合することは、技術的な成果を超えています。これは、ユーザーの採用拡大と全体的なユーザーエクスペリエンスの効率化を図る取り組みです。

.comドメインの確立されたなじみは、インターネットの歴史に深く根ざしており、ブロックチェーン領域への移行においてユーザーにとっての橋となります。これにより、より広範なユーザー層にとってブロックチェーン技術の採用がよりアクセスしやすく、魅力的になります。

Unstoppable DomainsのCEOであるマシュー・グールドはCointelegraphに対し、「暗号通貨のユーザーエクスペリエンスを向上させるには、すべてのウォレットにドメインが必要です。さもなければ、暗号通貨の採用が遅れるでしょう。インターネットの採用もドメインではなくIPアドレスを使用していた場合と同様に」と述べています。

この統合は個々の体験を向上させ、伝統的なWebから分散型のWeb3へのスムーズな移行を求める業界のニーズにも応えています。

Web3ドメインプラットフォームであるFreename.ioのスポークスマンはCointelegraphに対し、「.comドメインのなじみは、既存のユーザーにブロックチェーン技術をよりアクセスしやすくする上で重要な役割を果たしています。これは、.comドメインがWeb2業界で最も認識され、インデックス化されているトップレベルドメイン(TLD)であるためです」と語っています。

トップレベルドメイン(TLD)は、ドメイン名の最後のドットの後ろにある最終セグメントで、ウェブサイトのカテゴリーや国を指定するために使用されます。例えば、.com、.org、および.jpなどの国別のエクステンションがあります。

Users can send crypto to a .com address linked to a wallet. Source: bvdigital.io

.comドメインへのデジタルウォレットの添付により、統合されたプラットフォームが作成され、ユーザーは従来の資産と暗号通貨を継続的に管理、追跡、そしてシームレスにやり取りすることができます。この統合により、ユーザーは異なるシステムを移動する必要がなくなり、金融リソースの管理全体の効率が向上します。

デジタルアイデンティティの未来

.comドメインのブロックチェーン領域への統合は、デジタルアイデンティティの管理方法の注目すべき変化を示しています。従来のプラクティスからの脱却は、通常のデジタルアイデンティティとブロックチェーン駆動のデジタルアイデンティティの区別が不明瞭になる未来を示唆しています。

これにより、ユーザーが中心となり、オンラインアイデンティティに対してより多くのコントロールを持つ新しい考え方が生まれる可能性があります。これは、Web3の哲学に一致しており、中央機関によって制御される従来のアイデンティティモデルに疑問を投げかけます。代わりに、アイデンティティ管理がより均等に分散された公正なシステムを目指します。

グールドは「ドメインが本当にユーザーフレンドリーなデジタルアイデンティティの出現のための方法であるならば、アイデンティティは既に豊かなエコシステムとドメイン名、およびICANN(インターネット割り当て番号のためのインターネット公社)などの標準との市場に接続できるはずであり、他のデジタルアイデンティティソリューションよりも採用がはるかに速まるでしょう」と述べています。

デジタルアイデンティティの向こうにある可能性を超えて、この統合はオンラインプライバシーとセキュリティの基準を再定義するかもしれません。ブロックチェーンの透明性と暗号技術のセキュリティは、データ漏洩やアイデンティティ盗難の懸念に対処し、保護の層を追加します。

さらなる進展と採用への影響

Freename.ioはWeb3のTLD(トップレベルドメイン)およびドメインプラットフォームで、ユーザーはパーソナライズされたWeb3 TLDを登録および発行することができます。Freename Web3 TLDの所有者は、そのTLD上で購入されたすべてのドメインについて50%の収益を得る権利を持ちます。

最新情報: ENS開発者はUnstoppable Domainsに特許を撤回するよう要求し、さもなければ訴訟に直面する

これにより、個人やビジネスがデジタルアイデンティティと追加的な経済的利益を求めてFreename.ioを利用するインセンティブとなります。このモデルは、ユーザーがFreename.ioと関わる意欲を高め、採用を促す可能性があります。

さらに、FreenameのWeb3ドメインは、Web3領域でのデジタルアイデンティティとなり、ウォレットアドレスの代わりにユーザーに統一されたユーザー名を提供します。さらに、これらのドメインは分散型アプリケーションの特定のログイン資格情報として機能し、Web3ドメインの多様性がユーザーエクスペリエンスの向上にどのような効果をもたらすかを示しています。

デジタルアイデンティティを管理する簡単さは、特にブロックチェーンの複雑さにあまり慣れていないユーザーにより多くのWeb3ドメインの採用を促すかもしれません。

Freename.ioは、Aurora、BNB Smart Chain、Cronos、およびPolygonを含む複数のブロックチェーンと互換性があります。これにより、ユーザーは自分の好みやプロジェクトの要件に合ったブロックチェーンを選択することができます。

Ethereum Name Service(ENS)は、Ethereum上の分散型ドメイン名システムであり、ArbitrumやOptimismなどの解決策を使用してレイヤー2の相互運用性を実装し、スケーラビリティを向上させコストを削減しています。

低コストと拡張されたスケーラビリティにより、広範なユーザーにとってより魅力的になるでしょう。この変化により、Ethereumブロックチェーン上の高い手数料により分散型ドメインに関与することを躊躇していたユーザーも参加しやすくなります。

ENSはまた、Web統合ドメインTLD(.art、.box)を統合しており、ユーザーはENSを通じてブラウザでサポートされる名前を登録することができます。これにより、ドメイン名の有用性を拡大するため、Ethereumブロックチェーン上でドメイン名システム(DNS)の名前を非代替トークンとして取引する概念が導入されます。

ENSは、Q3でDNSのインポートをガスレス化し、トランザクションコストを削減してENSエコシステムへのウェブアクセシビリティを向上させる予定です。この動きにより、従来のインターネットユーザーを呼び込み、参入障壁を下げ、分散型ドメインソリューションをより広範なユーザーにアクセスしやすくすることができるでしょう。

雑誌: テロリズム&イスラエル・ガザ戦争が暗号通貨を破壊するために武器化される