元NFLチームオーナーのレジー・ファウラー氏が、暗号通貨の「シャドウバンキング」に関与した罪で6年の刑を受ける

元NFLチームのオーナーであるレジナルド・ファウラー氏は、「シャドーバンク」として暗躍し、2018年の10か月間にわたり7億ドル以上の規制されていない取引に関与したことで、6年の懲役刑を言い渡されました。

ミネソタ・バイキングスの共同オーナーであった63歳のファウラー氏は、2023年6月5日にニューヨークの米国司法長官事務所からの声明によって、銀行詐欺とマネーロンダリングの罪により、計75か月の刑を言い渡されました。

仮想通貨取引所にシャドーバンキングサービスを提供したミネソタ・バイキングスの元共同オーナーが75か月の懲役刑を言い渡されました https://t.co/Nc2PVhEajw

— 米国司法長官SDNY(@SDNYnews) June 5, 2023

これは、2019年に彼がシャドーバンキング容疑で逮捕されたことから始まった5年間の長い事件の終わりを告げます。シャドーバンキングとは、非銀行のエンティティによって行われる(しばしば違法な)銀行のような活動を指す用語です。

ファウラー氏は、2020年に全ての罪を否認したが、2022年4月に有罪を認めました。

最新の声明で米国司法長官のダミアン・ウィリアムズ氏は、ファウラー氏が嘘をつき、いくつかの銀行を誤誘導することで、一連の嘘が彼にシャドーバンキングを提供することを可能にしたと述べました。

“Reginald Fowler evaded federal law by processing hundreds of millions of dollars of unregulated transactions on behalf of cryptocurrency exchanges as a shadow bank. He did so by lying to legitimate U.S. financial institutions, which exposed the U.S. financial system to serious risk.”

ウィリアムズ氏は、ファウラー氏がアライアンス・オブ・アメリカンフットボール(AAF)を「被害者」と呼び、フットボールリーグで「重要な」株式を所有するために、自身の純資産価値について嘘をついたことでAAFを騙したと述べました。

「明確に言っておきますが、この事務所は、自分たちのビジネスを行う手段として銀行に嘘をつき、法を回避する人々を起訴することを約束しています」と米国司法長官は強調しました。

ウィリアムズ氏によると、ファウラー氏は2018年2月頃にグローバル・トレーディング・ソリューションズ(GTS)を設立し、イスラエルを拠点とするCrypto Capitalなどの仮想通貨企業と共同で働いていました。

そこで、ファウラー氏、GTS、仮想通貨企業は銀行に嘘をついて口座を開設し、これらの口座を使って仮想通貨取引を処理しました。

OK -now at crypto Fowler sentencing. It was set for 10: FOwler just came in at 10:19 am. Inner City Press is covering the case https://t.co/S97h82I3FP and will live tweet, thread below pic.twitter.com/HapbKHoHaz

— Inner City Press (@innercitypress) June 5, 2023

ファウラー氏はこれらの口座を開設して、銀行の知らないうちに仮想通貨取引を促進し、GTSと仮想通貨企業の関係を開示しなかったとウィリアムズ氏は述べました。

“At no point were FOWLER, GTS, nor any of the Crypto Companies ever licensed as a money transmitting business in the United States, as required by federal law.”

関連記事: 仮想通貨は詐欺師の遊び場になっている

関連する仮想通貨企業の1つは、仮想通貨取引所ビットフィネックスとステーブルコイン発行者テザーの親会社であるiFinex Incだと主張しました。

その他の有罪判決には、銀行詐欺陰謀、非認可の送金ビジネスの運営、非認可の送金ビジネスの運営の陰謀、及び電信詐欺が含まれます。

懲役刑に加えて、ファウラー氏は7.4億ドルを没収され、AAFに5300万ドル以上の賠償金を支払うよう命じられました。

関連記事: 不安定コイン: ペッギング、銀行ラン、その他のリスクが懸念される