EVENTZコンサートアプリは、ハリー・スタイルズのファンにブロックチェーンリワードを導入します

最近、5,000人のイギリスの大スター、ハリー・スタイルズのファンが、自己保管ウォレットを開くためのアプリを使用し、その中にブロックチェーンベースのリワードを保管することができました。

元ワン・ダイレクションのメンバーである彼は、6月10日にアイルランドでコンサートを開催しました。ソールドアウトのショーには80,000人の観客が訪れました。

これらの人々は、Web3インフラストラクチャー企業であるCo:Createと提携している「EVENTZ」アプリを使用するよう招待されました。このパートナーシップにより、ファンは自分自身のウォレットを作成し、リワードを受け取ることができます。

このプロジェクトは、人気のあるEthereum(ETH)のサイドチェーンPolygon(MATIC)を介して接続されたアプリケーションプログラミングインターフェース(API)を使用しています。

発表によると、公式アプリを通じて5,000人のファンが自分のウォレットを要求し、100,000件のユニークなインタラクションがありました。

EVNTZの創設者であるキム・オーカラハンは、「イベントに関しては、顧客との大きなギャップがあります。1つのイベントに参加するか、100のイベントに参加するかに関わらず、同じ扱いを受けます。リワードや忠誠心、コミュニティがありません。」と主張しています。

チームによれば、EVNTZはプロモーターや会場、ツアー、アーティストと緊密に連携して、コミュニティ、リワードシステム、参加者が最も多く/すべてのショーに参加するファンの忠誠心を構築することができます。

発表によると、Web3テクノロジーは自己保管ウォレットから始まるべきだと述べています。

さらに、EVNTZのユーザーは、将来的にはチケットの購入、ソーシャルコンテンツ(デジタルメモラビリアを含む)への参加、メルチャンダイズの購入、帰宅時の乗車予約など、自己所有のリワードを要求できるかもしれないと述べています。

そして、EVNTZはさらなる展開を予告しています。

「ハリー・スタイルズはEVNTZにとって始まりに過ぎず、2024年のラインナップは世界でも有数の大物たちと共に近々発表されます」と述べています。

音楽業界がWeb3に参入 – そしてその逆も

音楽とWeb3はお互いに馴染みがあります。今年だけでも、両業界の融合点でさまざまなイベントが開催されています。

1月には、Web3エンターテイメント企業のHumeが、グラミー賞受賞プロデューサーのジノ・ボリとショーデザイナー兼ディレクターのマイケル・マウロが設立したWeb3音楽スタートアップのBlocktonesを買収したことを発表しました。これにより、「Blocktonesのオープンソースの生成音楽コレクションをHumeプラットフォームに統合し、仮想アーティストに新たな進路を提供し、クリエイターがオープンソースの音楽ビートを作成する新しい方法を提供する」とされています。

2月には、オンライン音楽ストリーミング大手のSpotifyが、特に非代替可能トークン(NFT)の保有者向けに作られた新しいプレイリスト機能のテストを開始しました。

3月には、BeatportがPolkadotと提携し、電子音楽文化をWeb3にもたらすデジタルコレクタブルマーケットプレイス「Beatport.io」を立ち上げました。このプラットフォームは、レコードレーベルやアーティストが独自のデジタルアセットを作成して販売することを可能にするものでした。

そして、つい数日前、Warner Music GroupとPolygonが協力し、Polygonネットワーク上の開発者やdAppsを支援する音楽アクセラレータープログラムを立ち上げました。

____

詳細を見る:

– NFTが音楽ビジネスを変える方法と理由 – 音楽NFTが音楽業界に与える影響 – 2023年の初心者向けのベストクリプトウォレット10選 – 2023年のベスト非保管ウォレット8選 – 完全なリスト