「ビットコインは2万ドルまで下落するのか?EURUSDの相関関係がそれを示唆している」

EURUSD's correlation suggests Bitcoin will drop to $20,000?

ビットコイン(BTC)とその将来の価格動向に関する最近の議論では、暗号通貨愛好家やアナリストたちが新しい相関関係を解析し始めています。特に、尊敬されるアナリスト、ジョシュ・オルシェビッツによるTwitterのスレッドによって、ユーロ対米ドル(EURUSD)との相関関係が注目を浴びています。

オルシェビッツは、まず舞台を設定し、ビットコインとDXY(米ドル指数)の逆相関関係が広く認識されていることに注目します。彼は「ほとんどの人が、強い歴史的なBTC-DXYの逆相関関係を認識しています。DXYは通貨バスケットに対するUSD指数で、その中にはEURUSDのウェイトが約58%あります。したがって、BTC-EURUSDの相関関係も比較的高いはずです。」と述べています。

ビットコイン価格はEURUSDに従うのか?

ここで興味深いのは、オルシェビッツがパンデミックと最後のビットコインのハーフニングの後の期間におけるBTC-EURUSDの相関関係についての観察です。彼は、「パンデミック(ハーフニング後)のEURUSDペアは、1ヶ月から1年までの範囲でBTCを牛と熊の両方の方向に先導してきた。」と述べています。

ビットコイン vs EURUSD | 出典:X @CarpeNoctom

このパターンが持続する場合、ビットコインにはベアリッシュな傾向が現れるかもしれません。オルシェビッツは、「この関係が続く場合、BTCはBTFPの低値である2万ドルに向けて下落するはずです。」と述べています。この声明は重要なものであり、EURUSDの動きに基づいて現在の位置から大幅に下落する可能性を示しています。

さらに、彼はBTCとEURUSDの両方で観察されたテクニカルパターンに注目し、「EURUSDはBTCと同様にベアリッシュなH&Sを完了し、さらなる下降に対するテクニカルな要素を提供しています。」と述べています。 ‘ベアリッシュなH&S’は、ベアリッシュな ‘ヘッドアンドショルダーズ’ パターンを指し、上昇から下降への傾向反転を予測するチャートの形成方法です。

しかし、全てが暗い未来ではありません。オルシェビッツはビットコインのブルズに希望の光を与えています。彼は「ここでBTCに対してブルッシュなら、この関係が弱まったり断たれたりすることを期待しているか、EURUSDが弱まる代わりに強まり始めることを期待している。」と述べています。

BTCの2番目の高値は合致しない

オルシェビッツはまた、「錫箔(ティンフォイル)」の推測に触れ、ビットコインの2番目の高値が2022年11月に見られた際にBTC-EURUSDの相関関係が一時的に崩れた可能性について議論しています。彼は、EURUSDの持続的な下落が直ちにビットコインの上昇トレンドに影響を与えなかったことから、3AC、FTX/Alameda、Anchor BTC reserveなどの主要な仮想通貨プレーヤーの行動が影響を及ぼした可能性があると推測しています。

ビットコイン EURUSD | 出典:X @CarpeNoctom

相関関係は洞察を提供することができますが、将来の市場動向を保証するものではありません。投資家は注意を払い、投資判断を行う際に独自のリサーチを行うべきです。Rose Premium Signalsは「BTC-EURUSDの相関関係に関する興味深い観察です。暗号通貨の分析では複数の要素を考慮することが重要です。この関係は確かに進化する可能性があり、BTCの将来の動きに影響を与えるかもしれません。」と述べています。

報道時点で、BTCは26,180ドルでした。

ビットコイン価格の下落、1日チャート | 出典:BTCUSD on TradingView.com