欧州委員会が現金を保護しデジタルユーロのフレームワークを作成するための提案を発表

ヨーロッパ連合は、地域内で現金の使用を維持しつつ、デジタルユーロの発行の枠組みを設定することを目指す提案を公表しました。ヨーロッパ委員会の提案によれば、銀行券や硬貨が従来通り利用可能である一方で、デジタルオプションもサポートされるようにすることが目的です。

ヨーロッパ委員会は、EUの人々が20年以上にわたってユーロ硬貨や紙幣を取引してきたと述べています。このオプションが引き続き利用可能であることを望んでいる一方で、より多くの人々がデジタル決済を求めているとも指摘しています。ヨーロッパ委員会は以下のように述べています:

「調査によれば、60%の人々が現金を使用するオプションを維持したいと考えていますが、銀行や他のデジタル・金融企業が発行するカードやアプリを使用してデジタル決済を行う人々が増えています。この傾向はCOVID-19パンデミックによって加速されました。」

この分かれ道の両側に対応するため、委員会は現金を保護し、デジタルユーロも支持する法律の制定を提案しています。

現金とデジタル通貨の同時機能に関するEUの提案

最初の措置は、ユーロ現金の法的な強制力に関する立法提案です。この提案は「現金の役割を守る」ために、その利用可能性と支払い手段としての受け入れを確保するものです。

提案には、2つ目の措置が含まれています。それは「可能なデジタルユーロの法的枠組みを作成する」立法提案です。ヨーロッパ委員会は、デジタルユーロが硬貨や紙幣を補完し、人々に追加の支払い方法を提供すると述べています。また、デジタルユーロは安価で安全で広く受け入れられるでしょう。ただし、委員会はデジタルユーロの発行について最終的な決定権を持っていないと指摘しています。

委員会は次のように説明しています:“今日の提案は、ヨーロッパ議会と理事会によって採択されれば、デジタルユーロの法的枠組みを確立しますが、デジタルユーロの発行は最終的にはヨーロッパ中央銀行が決定することになります。”

ヨーロッパ委員会はデジタルユーロを、インターネット接続なしにデバイス間で直接支払いを行うシステムとして説明しています。これにより、ユーザーのデータ保護とプライバシーが向上します。これらの取引には、カード支払いに必要なより少ない個人データが必要とされます。

ヨーロッパ委員会の提案によれば、デジタルユーロは銀行や登録された支払いサービスプロバイダーから利用可能であり、基本的なサービスは無料です。金融包摂のため、デジタルユーロへのアクセスには銀行口座は必要ありません。

さらに、すべての商人はデジタルユーロの支払いを受け入れなければなりません。ただし、法律は、必要なインフラの設置コストが高い小規模な商人を免除します。委員会はまた、デジタルユーロの普及が顧客向けの革新的なソリューションを銀行に提供する基盤となることを期待しています。

流出したユーロ法案

EUのデジタルユーロに関する提案の中の規定は、先週流出したデジタルユーロ法案の具体的な内容と一致しています。ヨーロッパ委員会が提案する予定の草案によれば、デジタルユーロはオンライン支払いをサポートし、プログラム可能性を制限し、利子や追加料金なしで運営されるでしょう。