ヨーロッパ中央銀行は、デジタルユーロの使用に関して制限を設ける必要があるとする草案が提出されたと、Bloombergが報じています

欧州連合(EU)の執行部門は、欧州中央銀行がその使用に制限を設ける必要があるデジタルユーロの計画を発表する予定であると、ブルームバーグニュースの報道によると。

ブルームバーグが入手した欧州委員会の草案によると、欧州中央銀行は金融安定を確保するために必要なツールを決定する必要があるとされている。

「金融システムの安定、信用供給及び金融政策の伝達を確保する観点から、デジタルユーロの財産としての使用は制限の対象となる可能性がある」と、草案は述べているとブルームバーグは報じた。

欧州連合の財務大臣たちは、ブルームバーグによると、このプロジェクトについて木曜日にルクセンブルクで会合を開く予定である。

欧州連合は中央銀行デジタル通貨の発行を検討しており、2021年10月に調査段階に入った。

ECBのウェブサイトによると、この段階は今年10月に終了する予定である。

ECBは、「デジタルユーロがどのように設計され、配布されるか、市場にどのような影響を与えるかを検討しています。その後、実際に開発するプロセスを開始するかどうかを決定します」と述べている。

世界中で

米国財務省は、公式にはプライバシーに焦点を当てて、米国のCBDCの可能性を積極的に調査していると、ある役員は火曜日に述べた。

フロリダ州知事のロン・デサンティスを含む一部の米国の政治家は、CBDCがプライバシーを侵害すると主張し、「政府による監視を奨励する」と述べている。

支持者たちは、CBDCが市民により良い金融サービスを提供することができると主張している。

アトランティックカウンシルによると、これまでに11の国がCBDCを導入し、G7のすべての経済国はCBDCの開発段階に移行している。

さらに、2020年5月には35か国しか検討していなかったCBDCを、現在は世界のGDPの95%以上を占める114か国が検討しているとカウンシルは述べている。