EUはAIおよびチップのサプライチェーンにおいて日本と協力することを決定

欧州連合(EU)委員会のティエリ・ブルトン委員は、人工知能(AI)とチップセクターにおいて、EUが日本とより緊密に連携する意向を示しました。地域の産業担当者によれば、この動きはEUが特定の分野における中国への依存度を減らす戦略の一環です。したがって、ブルトン委員はAIを最優先事項とするこの議題について、日本政府関係者との会談を計画しています。

「共有価値に基づいたAIを含む、デジタル空間の整備方法について日本政府と協力する予定です」と彼は述べました。

彼らの協力は具体的には、チップ供給チェーンの監視と研究者・エンジニアの交流を含みます。同時に、EUはチップセクターに興味を持つ日本の半導体関連企業を支援します。特筆すべきは、日本が半導体供給チェーンエコシステムにおいて重要な役割を果たしていることです。

委員は東京での演説で、EUは半導体の供給チェーンを確保することが重要であると強調しました。EUは半導体セクターを強化することを一般的に望んでおり、東京も国内の半導体産業を促進することを目指しています。これらの半導体は、自動車からスマートフォンまでさまざまな製品ラインで利用され、一部は軍事応用の可能性もあります。

委員はまた、量子および高性能コンピューティングなどの分野を含むEU-日本デジタルパートナーシップ協議会の開催を強調しました。

最近、韓国もEUと同様の連携を結んでおり、AIやサイバーセキュリティなどの技術分野で協力することで合意しました。これらの主要なアジア諸国とのパートナーシップは、EUが中国のリスクを軽減するための取り組みの一環です。

EUが中国から撤退する一方で、技術分野で他の国々との深い関係を築いていることは明らかです。

EUを超えて: AIの追求におけるグローバルなブースト

EUだけが半導体供給チェーンセクターを分析し再評価しているわけではありません。

アメリカ合衆国など、他のいくつかの国も半導体製造を自国に戻すことを再考しています。2022年のある時点で、ジョー・バイデン米国大統領は、中国への半導体およびチップ製造装置の出荷に対するより厳しい制限を課す計画を示唆しました。これは商務省が3つのアメリカ企業に対し、中国への半導体およびチップ製造装置の送付を停止するよう要請した時期に行われたものでした。

約2か月前、イギリスも半導体産業への10億ポンド(または12億ドル)の支援を発表しました。この基金は、国内のチップ製造能力を高め、アメリカやEUと同様に外国企業への依存を減らすことに焦点を当てています。イギリスはすでに20年間の半導体戦略を策定し、その計画を達成するための戦略的パートナーシップを結んでいます。