EUが暗号通貨に関する法規制のカウントダウンを開始し、MiCAを公式ジャーナルに追加しました

6月9日、欧州連合(EU)の仮想通貨市場(MiCA)の法規制が欧州連合公報(OJEU)に公表されました。これにより、この法律が2024年12月30日から発効するまでのカウントダウンが始まります。

この規制は、2020年に最初に導入され、2021年5月31日に法律に署名されたもので、EU加盟国間の暗号資産に対する一貫した規制枠組みを作ることを目的としています。

公式には公表から20日以内に規則が発効しますが、規則の一部は2024年6月30日より6か月早く、2024年12月30日に適用されることになっています。

暗号通貨サービスプロバイダーや支持者たちは、この法律によって、規制要件や運営手順においてヨーロッパ全体で単一の市場環境が作られることを賞賛しています。

MiCA法制の主要な構成要素には、仮想通貨の発行者、取引所、ウォレットプロバイダーの登録と認可の要件が含まれます。

関連記事: EU、教育・職業的資格の検証にブロックチェーンを使用

規則によれば、ステーブルコイン発行者は、特定のセキュリティとリスク緩和要件を満たさなければならず、暗号通貨の保管サービスは、潜在的なサイバーセキュリティとオペレーションの失敗に対処するために十分なセキュリティと安全対策を確保しなければなりません。

この法律は、暗号通貨の市場濫用、インサイダー取引、操作的な振る舞いを防止する枠組みを提供しています。

一方、米国の暗号通貨市場や運営者は、証券取引委員会がBinanceやCoinbaseなどの暗号通貨取引所に対する規制措置を開始したことでプレッシャーを受けています。

両取引所は、ライセンスされたブローカーとして登録せず、未登録の証券を提供するなど、複数の問題で訴えられています。

マガジン: 暗号通貨規制:SEC議長Gary Genslerは最終的な判断権を持っているのか?