EUは、スマートコントラクトに対するキルスイッチを備えたデータ法案を最終的にまとめました:Law Decoded(2022年6月27日〜7月3日)

欧州連合(EU)の議員は、以前から暗号コミュニティから批判を浴びていた「欧州データ法案」の推進を進めることに合意しました。この法案は、アルゴリズムのトレーニングにデータリソースをより効果的に活用することを目的としており、スマートコントラクトのルールを更新し、安全に終了させるためのキルスイッチオプションを導入するものです。明らかに、これはスマートコントラクトにおける信頼の基本的な考えと矛盾しています。

一方、欧州委員会はデジタルユーロに関する立法計画を提案し、広く受け入れられ、容易にアクセス可能な支払い手段とすることを目指しています。この発表では、銀行経由で個人がデジタルユーロを要求することを許可することで、容易なアクセスを確保し、市民が取り残されることを防ぐことが強調されています。提案には、無料の基本的なデジタルユーロサービス、プライバシー保護、オフライン支払いの規定も含まれています。

しかし、暗号通貨にとっては、特に地域レベルでは、全てが絶望的な状況ではありません。例えば、スロバキアの国民議会は、ユーザーが少なくとも1年間保有している仮想通貨の売却益に対する個人所得税を軽減する修正案を承認しました。税金は現行の19%または25%の課税スライドスケールから7%に引き下げられます。2,400ユーロ(2,600ドル)までの仮想通貨で受け取った支払いは課税されません。

CoinbaseはSECの訴訟を却下を求め、過剰なプロセス乱用を主張

Coinbaseとアメリカ証券取引委員会(SEC)の間の法的な戦いにおいて、アメリカの暗号通貨取引所Coinbaseは、SECの告発を却下するよう求める動議を提出しました。ニューヨーク南部地方裁判所に提出された法的書類によると、CoinbaseはSECの証券法の解釈について懸念を表明し、同機関が法的権限を超えていると指摘しました。

却下の動議は、訴訟での全ての主張が真実であるとしても、原告には有効な法的根拠がないと主張しています。Coinbaseの法務チームは提出書類で次のように述べています。「たとえSECが特定の資産やサービスが既存の規制権限の範囲内にあると正しいと主張していたとしても、この訴訟はCoinbaseの適正手続き権を侵害し、過剰なプロセス乱用であるという独立した理由により却下されるべきです。」

続きを読む

裁判所がKrakenに対し、IRSへのユーザーデータ開示を命じる

カリフォルニア北部地区連邦地方裁判所は、仮想通貨取引所Krakenに対して、アカウント情報と取引情報を米国国内歳入庁(IRS)に提供するよう命じました。IRSは、取引が1年間で2万ドルを超えるユーザーが税金を適切に申告しているかどうかを判断するために、この情報が必要だと述べています。Krakenは、カレンダー年内に2万ドルを超える取引を行ったユーザーの詳細情報(実名または仮名)、生年月日、納税者番号、住所、電話番号、メールアドレス、およびその他の書類を提供する義務があります。

続きを読む

ニュージーランドでは「暗号通貨の規制アプローチは現時点では必要ない」

ニュージーランド準備銀行(RBNZ)のマネーキャッシュ部門のディレクターであるイアン・ウルフォード氏は、「現時点では規制アプローチは必要ない」と述べ、増加する警戒が必要だと述べました。ウルフォード氏の発言には、以前のRBNZの暗号通貨と分散型金融に関する論文への50の利害関係者からの意見が添えられています。RBNZは、他の管轄区域がどのように暗号通貨を規制するのかを見極めるまで、自身の動きを待っているようです。一方、ニュージーランドはChainalysisの2022年グローバル暗号通貨採用指数で146か国中108位を占めています。

続きを読む