EU消費者保護団体、AIの調査を政府に促す

欧州連合(EU)の消費者保護団体は人気のあるチャットボットの背後にある人工知能(AI)モデルの調査を規制当局に求めるよう求めています。

火曜日のAPの報告によると、13の監視団体が生成AIに関する懸念に関して、各国の消費者、データ保護、競争、製品安全当局に警告を発しました。

グループは、OpenAIのChatGPTなどのシステムの背後にあるAIを調査して、EUのAI規制の導入前に消費者に対するリスクと脆弱性を評価するように規制当局に要請しました。

EUの地方当局に加えて、連合は、生成AIによる消費者への潜在的な害に関する同様の懸念を抱いているバイデン大統領にも書簡を送りました。

彼らの行動呼びかけは、AIに関する懸念に対処するために既存の法律を活用すること、および新しい法律を導入することを求めました。彼らは、ディスインフォメーション、データ収集、操作を含むAIチャットボットの危険性を強調したノルウェー消費者協議会の報告書を引用しました。

関連記事: AIはブロックチェーンと「相互依存関係」にある:Animoca Brands CEO

これらの警告は、EUの規制当局が6月14日にAI法案を可決した直後に発せられました。法案は499票対28票で可決され、93票が棄権しました。

EU加盟国との個別交渉後、この法律が2〜3年以内に発効することが予想されており、EUでのAI開発と展開の包括的なルールを提供することになります。

アメリカでは、AIを対象とした規制の検討も進んでいます。6月9日には、透明性とイノベーションの問題に焦点を当てた2つの新しいバイパーティザン法案が提案されました。

イギリスの規制当局は、AIに関する規制が医薬品や原子力と同じレベルであることを求めています。

雑誌: AI Eye:25KトレーダーがChatGPTの株式予想に賭け、AIはサイコロの投げ方に苦戦するなど