EU委員会のデジタルユーロ法案は、主要な役員によると6月28日に再開される見通しである

ベルギー、ブリュッセル – 欧州委員会は、中央銀行デジタル通貨を支える法案を発表する予定であり、プライバシー、配布、オフライン取引などのトピックをカバーする予定です。この法案は、先に議論された物議を醸すトピックが実行委員会の議題から削除された後、6月28日に発表される予定です。欧州連合の金融サービス責任者は、デジタルユーロ計画と現金の法的地位に関する並行する法律についてのイベントで、マイレード・マグインネス委員は、両方の提案を来週発表することを確認しました。

CBDCの計画により、国家のスヌーピングの懸念や、紙幣や硬貨の地位を奪う可能性があるとの懸念が持ち上がっています。二つのソースによると、このトピックは、今週初めに内部の議論に続いて議題から削除され、同委員会によって今週早くに公表された仮の議題からも削除されたとのことです。欧州中央銀行は、数年にわたって技術的な詳細を検討した後、今年後半にプロジェクトを進めるかどうかを決定する予定です。

「これは常に私の来週の議題にありました」とマグインネスはKocooに語りました。

続きを読む: EUのリークされたデジタルユーロ法案は、利子、大口取引、プログラムを禁止