EU委員会のCBDCアジェンダは、OJEUでMiCAが公表された後に再び軌道に乗っています

欧州連合市場では、欧州市場によって裏付けられたCBDCであるデジタルユーロを採用する準備が整っています。現在の欧州委員会の財政安定性、金融サービス、資本市場連合の委員であるマイリアド・マグインネスは、来週その問題に関する法案を提出すると述べました。欧州連合CBDC計画は、配布、プライバシー、オフライントランザクションの機能に関する機密事項をカバーする予定です。さらに、Juniper Researchによる調査によると、中央銀行デジタル通貨(CBDC)のグローバル価値は、2023年の1億ドルから2030年には約2,130億ドルに急速に成長する見込みです。

欧州連合市場が世界経済活動の20%以上を支配していることから、デジタルユーロはデジタル化のプロセスをさらに加速することが期待されています。さらに、世界中の多くの国々が、持続可能な成長を確保するために自国の経済のデジタル化に取り組んでいます。

しかし、地域におけるCBDCの発行についていくつかの問題が提起されたため、デジタルユーロの設立計画は詰まりました。一方で、CBDC発行者はユーザーの現金を押収したり、特定のトランザクションをブロックしたりすることができるため、一部の人々はCBDCの発行によって通貨発行者がユーザーに対して巨大な権限を持つことになると感じています。テクニカルには、銀行券やコインでは十分に明確にできない特権です。

報道によると、欧州委員会が先週火曜日に公表した暫定的なCBDCの議題は削除されました。それにもかかわらず、マグインネス委員はブリュッセルでのイベントで、デジタルユーロの計画と現金の法的地位に関する並行法について話し、CBDCの提案が来週予定されていると語りました。

欧州連合が機能的なCBDCを必要とする理由

欧州中央銀行によると、デジタルユーロは市民のプライバシーや市場の弾力性を確保することによって、すべての社会的な部分に大きな利益をもたらすことができます。さらに、ECBは以前、ユーザーのプライベートな情報を見たり、ストレージをしたりすることに興味がないと述べています。

「デジタルユーロは、銀行口座にアクセスできない人やデジタルや財務スキルが低い人、障がいを持つ人々を含め、すべての人々に対応するように設計されます」と、ECBは最近の報告書で述べています。

EUCは、デジタルユーロの必要性とCBDC計画を展開する最良の方法について調査を続けています。欧州連合の暗号資産市場法(MiCA)はすでに欧州連合公報(OJEU)に掲載されており、米国などの他の主要なグローバル市場よりも明確な規則を策定することに苦労しています。

CBDC市場に関する調査を綿密に行った後、ECBは今年後半にCBDC計画の展開を続けるかどうかの決定を下すことが予想されています。さらに、EUブロックは持続可能な成長を支援するための経済フェーズを経る予定です。