EUのブロックチェーンサンドボックスは、応募の波の後に最初の20のユースケースを発表します

ヨーロッパの規制サンドボックスで最初の一連のブロックチェーンの使用事例が7月3日に正式に紹介されました。長い待ち時間と4月に受け取った約90件の申請に続いてのことです。2020年に初めて公表されたこのイニシアチブは、ヨーロッパの国々と仮想通貨企業との間の規制ギャップを埋めることを目指しています。

欧州委員会によると、最初のコホートには20件のプロジェクトが選ばれ、金融・資本市場、通信・情報技術、国際貿易、交通、そしてクロスセクターのプロジェクトがグループの中心となっています。

これらのプロジェクトは、西ヨーロッパが14件、南ヨーロッパが10件、北欧と中央ヨーロッパがそれぞれ8件、東ヨーロッパが7件となるよう、5つのヨーロッパ地域に広がっています。

ブロックチェーン技術の規制サンドボックスの設立計画は、欧州委員会と欧州ブロックチェーンパートナーシップによって2020年に発表されました。委員会によれば、目標は規制当局、仮想通貨プロジェクト、公的機関との対話を促進することです。

「この対話の中で、ユースケースの開発者は自社のビジネスケースを規制当局から法的ガイダンスを受けるために提示することができます」と欧州委員会は述べています。

このイニシアティブの背後には、ヨーロッパ、アジア、アメリカ、中東にオフィスを持つイギリスの法律事務所であるBird & Birdも関与しています。同社は「開発者と規制当局の安全なインターフェースを設定すること」「プロジェクトに対する法的アドバイスと規制ガイダンスを提供すること」を担当します。

「サンドボックスは、DLT(分散型台帳技術)を含む最先端の技術に関する知識を監督者が向上させることを可能にします」と声明にはあり、得られた教訓は規制当局間で共有され、委員会がベストプラクティスを特定するのに役立つと述べています。

この規制サンドボックスは、特にEUデジタルファイナンスプラットフォームおよびAIアクトの下で実施される人工知能のサンドボックスと連携して機能します。委員会によれば、この統合は「しばしば複数の業界部門を関与するユースケースにおける革新的技術の収束の増加」を考慮して重要です。

最初の提案のコホートの申請締切は、有効な概念実証と国境を越える要素を持つブロックチェーンプロジェクトに対して2022年4月14日に終了しました。2026年まで、毎年新しいプロジェクトを選択する予定です。

雑誌: AIを制御し、人々を暗号通貨でインセンティブ化する方法