「ETSY株が、弱いガイダンスと2023年第3四半期の予測により13%下落」

ETSY stock drops 13% due to weak guidance and forecast for Q3 2023.

アメリカのEコマース企業であるEtsy Inc(NASDAQ: ETSY)の株価は、6月末をもって終了する第2四半期の予想を上回る数字を発表した直後に13.69%下落しました。Etsyの株価は、第3四半期の収益見通しと総取引高に対する同社の見通しが弱いことが原因です。第2四半期のEtsyの収益は、予想されていた1株当たり43セントに対して45セントであり、同社の収益は予想されていた6億1900万ドルに対して6億2900万ドルでした。

Etsy株に影響を与える要因

Etsyは水曜日に、第3四半期の収益を610億ドルから645億ドルの範囲に予想すると発表しました。この予測は、Refinitivによるアナリストの合意の下限である632億ドルを下回っています。期間ごとに売られた商品の総価値を測定するGMSは、295億ドルから310億ドルの間になると予想されていますが、中間点では、Refinitivのアナリスト調査の予想である304億ドルをわずかに下回っています。

第2四半期におけるそれ以外の強力な業績にもかかわらず、同社の将来に対する収益見通しが主な焦点となりました。同社は、四半期の収益と利益の両方で予想を上回りました。売られた商品の総価値(GMS)は30億ドルで、予想されていた298億ドルを上回りました。さらに、広告などを含むサービス収益も四半期間で約21%の成長を遂げ、前年比で大幅に売上を伸ばすのに大きな役割を果たしました。

マクロ環境は依然として厳しい状況が続く

CEOのジョシュ・シルバーマンは、経済全般の状況はまだ困難であると認めました。手作り品や職人の製品で有名なオンラインマーケットプレイスであるEtsyは、パンデミック中に多くの人々がオンラインショッピングに切り替える中で、売上高が大幅に成長しました。2020年には、需要の高まりにより同社の収益は3倍に増加しました。シルバーマンは、これらの変化について以下のように述べました:

「過去数年間、Etsyは非常に有利な状況の中で大きく成長し、今は厳しい逆風と不確実なマクロ経済状況の時期に直面しています。消費者はお金をどこにどのように使うかについて非常に厳しい選択を続けており、私たちは売り手が自分たちのシェアを得るのを支援するために一生懸命努力しています。」

シリコンバレーでAIのブームが続く中、Etsyも同様の取り組みを進めており、AIの力を活用するための開発を行っています。投資家向けの電話会議では、シルバーマンはEtsyには「小さくても強力な」AIと機械学習の専門家のチームがいることを述べました。彼らは売り手やショッピングの推奨など、さまざまな顧客とのインタラクションでこれらの技術を実装するために活動しています。彼は次のように付け加えました:

「サイトが均質化されたり退屈になるようなことは何もしたくありません。ですので、私たちは非常に注意深く進めるつもりです。また、Etsyへの出品数が増えれば必ずしも売上げが増えるわけではありません。ですので、売り手にとって有用であれば、私たちは積極的に取り組みます。」

EtsyのCFOであるレイチェル・グレーザーは、秋に学生ローンの支払いが免除されることに楽観的です。彼はこれらの要因が消費者の財布を広げ、第3四半期の同社のGMSに影響を与える可能性があると述べました。

他のビジネスニュースはこちらでご覧いただけます。