Etherscanが新しいAI技術を活用した「コードリーダー」でスマートコントラクトコードを分析可能に

人工知能(AI)は急速に進展しており、新しいAIツールはコードの読み取りと実装に向けて急速な進展を遂げています。イーサースキャン(Etherscan)は、最近、Open AIの大規模言語モデルを活用する新しいAIツールを発表しました。

このEtherscanの新しいAIツールは、ユーザーが任意のスマートコントラクトのソースコードについて学ぶのを支援します。Etherscanは、そのAIツール「Code Reader」が現在ベータ版であり、「特定のコードセクションまたはファンクションに関するAIプロンプトを生成して、コードをより深く理解するためのもの」と使用されると述べています。

さらに、「Code Reader」に対するターゲットされた質問は、特定のスマートコントラクトのコードに対するAI生成の説明を提供します。つまり、ユーザーがコードの内部構造に深く入り込むことができます。Etherscanは、「この機能は、スマートコントラクトに初めて接触する際に特に価値があり、その操作と機能を徹底的に理解することができます」と述べています。

「Code Reader」を使用するには、有効なOpenAI APIキーと十分なOpenAI使用制限が必要です。『Code Reader』の良いところは、APIキーを保存しないことです。Code Readerにはさまざまな目的があります。人工知能によって生成された説明を提供することで、契約のコードをより理解するのに役立ちます。また、スマートコントラクト内のEthereumデータに関連する関数の詳細なリストを提供することもできます。さらに、契約が分散型アプリケーションとどのように連携するかを理解するのにも役立ちます。

「契約ファイルが取得されたら、特定のソースコードファイルを選択して読み取ることができます。また、ページには、「UI内で直接ソースコードを編集してAIと共有することもできます」と記載されています。

Etherscanが人工知能ブームに乗る

現在の人工知能(AI)技術のブームは、市場参加者が可能性を探求するように促しています。さらに、コードインタプリターなどのツールは、ユーザーにとってもっと面白いものにしています。

イーサリアムは最新の参加者であるが、すべての回答が正しいと仮定しないようユーザーに助言しています。「回答が正しいと仮定しないでください!」イーサースキャンはTwitterで警告し、「これは非常に*ベータ*リリースです。追加または改善してほしいことを教えてください!」

人工知能技術が成長し続けるにつれて、専門家たちは現在のAIモデルの実現可能性について懸念を表明しています。シンガポールのベンチャーキャピタル企業であるForesight Venturesの報告書によれば、次の10年間でコンピューティングパワーリソースが重要な要素になるとのことです。分散型分散コンピューティングパワーネットワークを使用して大規模なAIモデルをトレーニングする需要が高まっているが、研究者たちは複雑なデータの同期、ネットワークの最適化、データプライバシーとセキュリティに関する懸念など、いくつかの課題があると指摘しています。