イーサリアム、回復地点からの上昇に伴い、キー・レベルに注目を集める

イーサリアムの価格は修正期間を経て、チャート上での価値上昇の兆候を示し始めました。このアルトコインは重要な回復地域を突破し、ブルたちはコントロールを取り戻そうとしていることを示しています。

過去24時間で、イーサリアムの価格はわずか0.2%上昇しました。ただし、週間チャートでは、前回の損失のほとんどを回復することができました。

しかし、重要なサポートライン近くで取引されていることに注意することが重要です。もう一度ベアたちによるプッシュがあれば、アルトコインは直近のサポートレベルを下回る可能性があります。

ビットコインの変動性は、ほとんどのアルトコインに同様の影響を与え、それぞれのチャート上で同様の価格変動を引き起こしています。

関連記事:ブルシグナル:ビットコインの実現された利益と損失が2020年10月のレベルに低下

イーサリアムは現在ポジティブな勢いを示していますが、次の取引セッションで上昇トレンドを維持するには買いの力が増すことが重要です。技術的な観点からは、ベアたちはまだいくらかのコントロールを保持しており、ブルたちは引き続き課題に直面しています。

需要と蓄積レベルは比較的低いままであり、イーサリアムの時価総額も減少しているため、1日チャートに基づいて買いの力が低下していることが示されています。

イーサリアム価格分析:1日チャート

執筆時点では、イーサリアム(ETH)は1,730ドルで取引され、過去数日間で回復の兆候を見せています。このアルトコインは、重要なサポートラインである1,717ドルに近い位置にあります。上向きには、1,770ドルの上部抵抗があります。買いの力が強まれば、イーサリアムは1,740ドルを目指すかもしれません。

ただし、ブルたちがコントロールを取り戻すためには、1,770ドルを超える動きが有益であると考えられます。逆に、現在の価格水準が下落する場合、ETHは1,717ドルのサポートを下回り、1,710ドル前後で取引される可能性があります。

残念ながら、前回のセッションでのETHの取引量は低下しており、市場でのさらなる売り圧力を示唆しています。

テクニカル分析

オーバーセルドゾーンを訪れた後、イーサリアムは状況を逆転しようと試みています。しかし、ETHへの需要は低いままです。相対力指数(RSI)は、半分以下のライン以下にあるため、売り圧力が増していることを示しています。

さらに、ETHの価格は20-Simple Moving Average(SMA)ラインを下回っており、売り手が市場の価格勢いを推進していることを示しています。

他の技術的指標と同様に、イーサリアムはチャート上で売りシグナルを示しています。移動平均収束拡散(MACD)は、ベアishな価格勢いを示す赤いシグナルを表示しています。

ただし、シグナルが下降していることに留意すれば、今後の取引セッションで価格の反転が予想されます。

一方、チャイキンマネーフロー(CMF)は、半分以下のライン以下にあるため、ETHへの資本流入が減少していることを示しています。ETHへの買いの関心の低下は、ベアishなセンチメントをさらに助長する可能性があります。