Ethereumのガス手数料が1か月間で70%近く減少する

  • 5月にEthereumのガス料金が$5未満に暴落しました。
  • BlackRock CEOのラリー・フィンクは、ドル脱退が実際のリスクであると再度強調しました。
  • Ethereumは現在、今年初めの高値から10%以上下落しています。

On-chainデータプロバイダーであるSantimentのデータによると、Ethereumのガス料金はわずか1ヶ月で約70%減少しました。

Ethereumのガス料金が$5未満に戻りました

興味深いことに、この料金は5月初旬にトランザクションあたり$14の今年初めての高値を記録しました。しかし、月末には$5未満に暴落しました。Santimentのレポートには次のように記載されています。

より手頃な価格はより多くのユーティリティを促進します。加えて、暗号通貨の第2位の資産は、自己保管が主流で取引所上での保有率が過去最低の9.9%です。

今週初め、JPMorganのストラテジストたちは、Ethereumが最近の上海アップグレードによりよりエネルギー効率の高い証明方式であるステークを採用したことにより、今後数か月で売り圧力を受ける可能性があると警告しました。

ETHは現在、今年初めの高値から10%以上下落しています。

今後数か月でEthereumは急騰する可能性があるでしょうか?

一方で、今後Ethereumを押し上げる要因もあります。1つは、BlackRock CEOのラリー・フィンク氏が今週、ドル脱退が実際のリスクであると再度強調したことです。

米国は、米国債務天井ドラマにより、準備通貨の地位を危うくしています。商業不動産など、問題のポケットが出てくるでしょう。

最近の銀行危機は、法定通貨への信頼を揺るがしました。これにより、BitcoinやEthereumなどの暗号資産に多くの人々が流れ、より安全な代替手段と見なされるようになりました。

2022年には、BlackRock自身が米国のクライアント向けにBitcoinのプライベートトラストを立ち上げ、また、暗号通貨取引所Kocooと提携しました。