イーサリアムの創設者であるビタリック・ブテリン氏は、ビットコイン上で「ビルダーカルチャー」を復活させるためにオーディナルNFT(非代替可能トークン)に功績があると述べています

イーサリアムの共同創設者であるヴィタリック・ブテリンは、ビットコインのブロックチェーンに関する新しい動向について洞察を共有しました。

7月7日のTwitter Spacesセッションで、ブテリンはビットコインの支持者であるエリック・ウォールとウディ・ワーサイマーと対話し、イーサリアムの開発者からビットコインが学ぶことができるいくつかのことを提案しました。

共同創設者は、Bitcoin Ordinals(NFTのためのビットコインレイヤー)の登場により、ネットワーク上の「ビルダー文化」が復活したと述べました。

ブテリンはスケーラビリティを損なうことなくビットコインの機能を拡張する方法を提案

ブテリンはOrdinalsとBRC-20トークン標準を称賛し、ビットコインエコシステムの停滞した政治からの転換と見なしています。

彼はordinalが実際に物事を行うという文化を復活させ始めていると述べました。

イーサリアムの共同創設者は、Bitcoin Ordinalsの登場が「レーザーアイ」Bitcoin Maxi運動への抵抗であると考え、これは良いことだと述べました。長い会話はスケーラビリティの問題に焦点を当てていました。

話題に貢献するため、ウォールはビットコインのライトニングネットワークは将来のスケーラビリティには不十分であり、中程度の支払いを処理する際にしばしば失敗すると主張しました。

ウォールのコメントに対して、ブテリンは開発者がさまざまなレイヤー2のソリューションの実装に焦点を当てるよう勧めました。また、開発者がビットコインのベースレイヤーをより効率的にする方法を探ることを提案しました。

「ロールアップに焦点を当てることは良いと思いますし、ZK-snarkベースのスケーリングソリューションにも開かれているべきです」とブテリンは述べました。

ブテリンと同様に、ウェルタイマーはゼロ知識ロールアップの導入がビットコインネットワークに有益な影響をもたらすと信じています。

ウェルタイマーは、「Bitcoinにロールアップを採用すると、実行環境も手に入り、スマートコントラクトも追加できます」と述べました。

ビットコインの最大支持者の反応

背景として、ウォールとウェルタイマーはOrdinalsプロジェクトTaproot Wizardsの中心的な存在です。

両者はビットコインの支持者であり、しばしばビットコインネットワークの機能性の向上を求めています。

しかし、彼らの立場は、ビットコインの基本的なピアツーピアのキャッシュ機能を希釈すると主張するビットコインの原理主義者から批判を受けています。

これらの批評家には、Jan3のCEOであるサムソン・モウ氏も含まれており、彼はOrdinalsはビットコインの支払いに使えるブロックスペースの無駄だと考えています。

ウォールは、批判に対してビットコインがゼロ知識証明の証明システムとして機能することができ、ネットワークを混雑させることはないと説明しました。

ウォールは次のように述べています:

私の見解は、私たちのビットコインは常にDeFiに関連することをしたかったが、ビットコインのベースレイヤーは計算を裁定者または仲裁者のように動作させ、計算をオンチェーンで実行する必要はないようにしたかったということです。

ウォールは、セカンドレイヤーが支払いだけでなく他の目的にも使えると述べました。

予想通り、この議論はビットコインコミュニティで物議を醸しました。ウェルタイマーは、モウ氏とBlockstreamのCEOであるアダム・バック氏に対して、ブテリンとの対話に立ち向かうことを非難しました。

ウェルタイマーは、以下のようにツイートしました:これら2人のレーザーアイを持つ道化師は、過去10年間にBlockstreamを地に落としてきた。10年間で、その会社は一つの成功した製品も生み出せなかった。

それなのに彼らはイーサリアムから何も学ぶ必要がないと思っている。