イーサリアムが週次でゴールデンクロスを形成していますが、それは暗号通貨を救うのに十分でしょうか?

最近の米国SECに関連する執行措置による暴力と混沌にもかかわらず、イーサリアムはバルシャイ購入シグナルを発しました。

週次時間枠では、ETHUSDはゴールデンクロスを形成していますが、この資産クラスに光明をもたらすことができるでしょうか?詳しく見てみましょう。

イーサリアム価格、週次チャートにおいてゴールデンクロスの買いシグナルが形成される

イーサリアムの価格は、2023年の高値から約20%下落していますが、2021年の最高値からは60%以上下落しています。米国SECがすでに弱体化している業界に対する執行措置を開始した先週、暗澹たる気分が広がりました。

他のコインはわずか数日で50%以上急落しましたが、市場キャップにおいてトップ2の仮想通貨であるビットコインとイーサリアムは耐え忍んでいます。ETHUSDは、最近のベア市場で非常に良い成績を収めたことから、50週間移動平均線と200週間移動平均線のゴールデンクロスを形成しました。

ゴールデンクロスは、デスクロスのすぐ後に現れ、売りシグナルを買いシグナルで打ち消します。2つの移動平均線システムを使用して、短い時間枠が長い時間枠を横断したときに買いシグナルが発生します。これをゴールデンクロスといい、逆のクロスオーバーをデスクロスと呼びます。

TradingView.comのETHUSDでゴールデンクロスが表示される

移動平均線は暴落から暗号通貨を救うことができるのか?

トレードシグナルとして移動平均線を使用する場合、クロスオーバーに加えて、価格が平均線を上回ったり下回ったりすることもトレンドが強化されていることを示すシグナルの1つです。ETHUSDは、50週間および200週間の移動平均線の両方よりも上にあります。

最後に、移動平均線の勾配はトレンドラインと同様に使用できます。200週間移動平均線はまだ上向きの軌道を示しています。一方、50週間は方向を上向きに変え始めています。

ゴールデンクロスが最後に現れたとき、イーサリアムはピークに達するまでさらに680%上昇しました。対照的に、ETHUSDが2020年に両方の移動平均線を上回った最後の時、イーサリアムは1,700%以上上昇しました。現在の価格動向は、2つの平均線を上回った時点から5%未満しかイーサリアムを下げていません。

過去の成績は将来の成績を保証するものではありません。また、オルトコインに対するマクロおよび規制上の圧力を考慮すると、デスクロスが今後数日で続く可能性があります。ただし、ETHUSDが2つの平均線を上回り続けることができれば、別の印象的な価格上昇が待っているかもしれません。

市場での騒音にもかかわらず、みんなが完全に見逃していることは、#Ethereumが週次ゴールドクロスを形成したことです。pic.twitter.com/ylNwp3DEUI

— Tony “The Bull” (@tonythebullBTC) June 12, 2023