Ethereumの共同創設者は、400億ドル以上のステーキングされたETHが盗まれる可能性があると考えています

イーサリアムの共同創設者であるビタリック・ブテリン氏は、ETHステーキングを許可するインフラのセキュリティに信頼を置いていないようです。そのため、最近のインタビューで、ブテリン氏はネットワークが分散化され、プラットフォームを乗っ取り、トランザクションを逆にする可能性のある悪意のあるエージェントに対して堅牢であることを確保するために、限られた量のコインのみをステーキングすると述べています。

ビタリック・ブテリン氏がイーサリアムのステーキングに疑問を抱いています

ブテリン氏は、ETHステーキングを通じたサードパーティのインフラの潜在的なリスクについて懸念を示しています。具体的には、プライベートキーの露出とそれが彼の全体的なステークにもたらす危険について述べています。彼は、マルチシグシステムの導入がより良い保護を提供できると考えています。ただし、現在のプロセスは設定が難しく、彼の注意を引き上げています。

マルチシグシステムでは、ユーザーはトランザクションに署名するためのプライベートキーを持っています。トランザクションを承認するためには、指定された数の署名が必要であり、これはEthereumウォレットの設定に基づいて異なります。この設定により、セキュリティが向上し、資金への不正アクセスのリスクが低減されます。

共同創設者はBankless Podcastで次のように説明しています:

個人的にETHをすべてステーキングしない理由の一番の理由は、ETHをステーキングすると、それがすべて公開されているオンラインのシステム上のキーである必要があり、安全のためにはマルチシグである必要があり、ステーキングのためのマルチシグはまだかなり設定が難しく、いくつかの面で複雑になります。

ETHの価格は2,000ドル未満で安定しています

彼の発言は多くの議論を呼んでいます。多くの批評家は、イーサリアムの全体的なセキュリティフレームワークに懸念を抱いています。プルーフオブワークからプルーフオブステークへのシフト後、イーサリアムは少なくとも32 ETHをステーキングし、トランザクションのブロックを承認し、ブロック報酬と手数料を獲得する機会を持つバリデーターのネットワークに依存しています。これらのバリデーターはまた、ネットワークを保護するために必要です。彼らがいなければ、ブロックチェーンは攻撃に対して脆弱になります。

オンチェーンデータによると、世界中に広がる64万3000以上のバリデーターが20,500,000 ETHをステーキングしています。平均して、各バリデーターは32.17 ETHをステーキングしています。特筆すべきは、バリデーターの数が年々着実に増加しており、ETHのステーキングの数も急激に増加していることです。最近のアップグレードにより、ステーカーはコインをアンロックすることができるようになりました。

Cardanoの創設者であり、イーサリアムの元共同創設者の一人であるチャールズ・ホスキンソン氏は、自身のADAが「適切に設計されたプルーフオブステークシステム」で予想どおりにステーキングされていると述べ、「言葉を失った」と明言しています。

執筆時点では、ETHの価格は堅調であり、ブテリン氏のコメントには影響を受けていません。ただし、まだ2,000ドルを突破せず、2023年4月の高値を下回っています。