EthereumのTPS向上?Starknetの「Quantum Leap」が稼働開始

EthereumのTPSを向上するStarknetの「Quantum Leap」が開始

待ち望まれていたレイヤー2のスケーリングプロトコルであるStarknetによるQuantum Leapアップグレードが最近、Ethereumメインネット上で展開され、ネットワークのスピードを向上させることができる最大90トランザクション/秒(TPS)を実現しました。

MOARRR TPS DADDY STARKNET MAINNET QUANTUM LEAP 0.12.0 LIVE ON MAINNET pic.twitter.com/RaI1XKcgy7

— Starknet (@Starknet) July 12, 2023

StarWareの共同創設者兼CEOであるUri Kolodnyによると、このアップグレードにより、Ethereumブロックチェーンにおけるスケーリングの限界が「打ち砕かれた」と述べています。彼は新しいアップデートのおかげで、「高いTPSがEthereumメインネット上で現実のものになった」と説明しています。さらに彼は次のように付け加えました:

「このアップグレードがQ3内に数百の潜在的なTPSを提供すると述べましたが、目標に到達しているかを確認するためのストレステストを期待していました。この早い段階で数十のTPSがあれば、私たちは興奮していたでしょうが、思いもよらない結果となりました。」

Kolodnyはまた、彼らが一貫して37 TPSを達成したことも強調しました。さらに、役員はまた、ピーク時には秒間の送信トランザクション数がほぼ100に達したことも示しています。

関連記事:DeFi借り手がローンの担保として高級時計バックドNFTを使用

7月5日に、StarknetのQuantum Leapがテストネット上に展開され、数百の速度を記録しました。テストネット展開時に、チームは「含まれるまでの時間」が約15秒になることを期待していると発表しました。これは分散型アプリケーション(DApps)がオンチェーンのトランザクションを数秒で確認できることを意味しています。しかし、現実はこの期待を上回りました。

彼は「15秒未満の待ち時間を目指していましたが、最終的にはほとんどのトランザクションが10秒未満の含まれるまでの時間を持っていた」と説明しています。Starknetチームによれば、より高いスループットとより速い含まれるまでの時間は、より速い分散型金融(DeFi)アプリケーションの実現に道を開くものです。これはまた、AAAレーティングのゲームがネットワーク内でより現実的になることを意味します。

この記事をNFTとして収集し、歴史的な瞬間を保存し、暗号空間における独立したジャーナリズムをサポートしましょう。

雑誌:Web3 Gamer: GTA 6の暗号噂、ドクター・フー/サンドボックス、タイの観光NFTのレビュー