仮想通貨市場が広範囲な上昇を経験する中、イーサリアムの価格が2ヶ月ぶりの高値に到達しました

仮想通貨市場は広範囲に上昇し、イーサリアムの価格も2ヶ月ぶりの高値にまで上昇しました

情報源:Pexels

イーサリアムの価格が上昇し、デジタル通貨市場全体で広範に上昇したことから、本日、最も高値を記録しました。

イーサリアムネットワークのネイティブアセットであるこのデジタルトークンは、Coinbaseのデータによれば、本日の夜には約1,850ドルまで上昇しました。

以下のチャートは、これらの価格変動を示しています。

過去24時間のETHUSD価格変動。情報源:TradingView

この時点では、先ほど達成された1,758ドルの日中安値から約5.2%上昇していました。

さらに、この水準に達することで、おおよそ8月15日以来の最高値で取引されていました。

さらなるデータによれば、多くのデジタル通貨が目立った上昇を享受した一日の中で、ビットコインは例えばこの執筆時点で35,000ドルを超え、24時間で10%以上上昇しました。

その他にも、ライトコインの価格は24時間以内に約6%上昇し、73ドルに迫っています。

Grayscaleの判決の影響

連邦控訴裁判所が今年早期に下した判決が確認されたことにより、デジタル通貨市場は大いに盛り上がり、多くの暗号通貨が価値を増しました。

この判決によって、米国証券取引委員会(SEC)は、Grayscaleビットコイン信託が米国のビットコインETFに変換される申請をブロックするという決定を見直さなければならなくなりました。

この裁判所の決定は、市場参加者の感情を高め、先述の上昇を後押ししました。

暗号通貨愛好家は、何年もの間、ビットコインの現物ETFを作成することを推進してきました。タイラーとキャメロン・ウィンクルヴォスは2013年にそのようなファンドを提案しました。

当時、それは話題になりましたが、SECは2017年に提案されたビットコインファンドを拒否しました。

その後も、SECは現物契約ではなく派生契約に基づく複数のビットコインETFの申請を承認してきました。