ETFの専門家は、全ての現物ビットコインETFが同時に承認されると予測しています

「ETFの専門家は、全ての現物ビットコインETFが同時に承認されることを予測しています」

仮想通貨コミュニティが初の実物ビットコインETFの登場に向けて準備を進める中、アナリストたちは興味深い予測を共有しています。仮想通貨ETFの専門家であるスチュアート・バートン氏は、米国証券取引委員会(SEC)に提出されたすべての実物ビットコイン上場投資信託(ETF)の申請が同時に承認される可能性があると予想しています。

特筆すべきは、バートン氏の所属するボラティリティ・シェアーズが、6月に米国で初のレバレッジド仮想通貨ETFである2倍ビットコインストラテジーETF(BITX)を発売し、重要なマイルストーンを達成したことです。また、ボラティリティ・シェアーズはイーサ(ETH)先物ベースのETFに申請した最初の企業でもあります。これまでの申請者がSECからの承認を得られなかったにもかかわらず、他の企業もボラティリティ・シェアーズに続いてイーサ先物ETFを追求しています。

しかし、SECの承認にもかかわらず、バートン氏のチームはイーサETFの発売には踏み切りませんでした。CoinDeskとのインタビューで彼は次のように述べています。

「最初に申請しましたが、すべての申請が一斉に承認されるという初の動きの恩恵を受けることはありませんでした。これは、SECが実物ビットコインETFの検討においても繰り返す可能性のある先例を設定するイベントです。」

イーサETFの出足は鈍く、初期取引量は200万ドル以下であり、続く日々も流動性が低迷しました。そのため、バートン氏と彼のチームは製品の可能な変更について検討しています。

私たちはいつでも製品を立ち上げる柔軟性を持っていますが、現在、イーサETFの人気が比較的低い理由を理解する機会を得ています。バートン氏は、「ビットコインの場合はローンチ後2日間で10億ドルの取引がありましたが、なぜイーサETFはそれに比べて非常に人気がないのかは不思議です」と付け加えています。

実物ビットコインETFへのラッシュ

Bloomberg IntelligenceのアナリストやARK Investment Managementのキャシー・ウッド氏は、スチュアート・バートン氏と同様に、実物ビットコインETFのすべての申請が同時に承認される可能性があると考えています。バートン氏の知見は、イーサETFの申請に関する経験だけでなく、SECが一斉にすべてのイーサETFを承認したことが法的な挑戦に直面せずに一般の試金石を合格する戦略的な動きだったという信念に基づいています。彼は実物ビットコインETFに対しても同様のアプローチを予期しています。

最新のニュースは、ブラックロックのiShares Bitcoin Trustがデポジトリ・トラスト&クリアリング・コーポレーション(DTCC)に上場するタイミングと重なっています。さらに、この資産運用大手は今月末までにiShares Bitcoin ETFへの初期投資を提供する意向です。これらの動きは、近い将来、初の米国実物ビットコインETFの上場に向けた重要な進展を示しています。

重要な抵抗レベルを突破したビットコインの急騰により、過去24時間でベアトレーダーに対して1億7800万ドル以上の損失が生じました。月曜日には4億ドル相当の仮想通貨清算が行われましたが、そのうち半分近くがビットコインに関連する先物でした。一方、イーサ先物はロングポジションとショートポジションの両方からの清算額はわずか5000万ドルでした。