EOSが5周年を迎え、コミュニティの再建の取り組みを祝います

EOSネットワークの5周年を祝い、プロトコルの背後にいるチームは、スケーラビリティプロトコルを復活させるために直面した多くの課題を振り返りながら、コミュニティの重要性を強調しました。

2018年にローンチされたEOSは、ネットワークのパフォーマンスや最大の初期コインオファリング(ICO)を行ったことで知られるようになり、1年間の資金調達プロセス中に40億ドル以上を調達しました。しかし、このプロジェクトは期待に反して失敗し、米国証券取引委員会と問題を抱えました。

2021年9月、プロトコルは市場操作の疑惑に直面し、調査によるとICOはウォッシュトレードによって膨らまされたとされています。これに失望したコミュニティはEOSネットワーク財団(ENF)を設立し、プロジェクトを再建しようとしました。

EOSエコシステムのメンバーは、プロジェクトの開発者に不満を表明し、Block.oneに依存できなくなったと考え、ネットワークの制御を争うことにしました。

関連記事:EOSネットワーク財団、Block.oneに対する41億ドルの訴訟を提起する計画を明らかにする

ENFの創設者であるYves La Roseによると、コミュニティの強さがプラットフォームを正しい軌道に乗せる上で非常に重要な役割を果たしています。彼は次のように説明しています:

「EOSネットワークのローンチの5周年を祝うにあたり、私はコミュニティの強さに深い感銘を受けています。私たちは、ネットワークの防御のために企業の利益追求に立ち向かう多くの不確実性を耐えました。」

La Roseは、彼らが今や自由でオープンソースのソフトウェアのチャンピオンとなり、イノベーションを提唱する道を歩んでいると述べています。2023年には、プロトコルはEVMメインネットのローンチや6,000万ドルの投資調達など、ポジティブな進展を見ています。

チームによると、プラットフォームは引き続き1日あたり1億のトランザクションに対応しています。チームは、EOSが最も信頼性の高いブロックチェーンネットワークの1つであり、ローンチ以来1,800日以上のアップタイムを誇っていると述べています。

マガジン:EOSはどうなったのか?コミュニティは不可能なカムバックを狙う