「ステーキングのトレードオフを終わらせれば、DeFiコミュニティを救える」

Ending the trade-off of staking can save the DeFi community.

投票者の無関心がDAOの共同体精神を殺しています。経営の誤管理と決定力の欠如により、多くの分散型自治組織(DAO)は傷つき、暗号通貨の1980年代の企業略奪者に対して脆弱になっています。

この新しい組織形態の早期の提唱者の1つであるMakerDAOですら、「エンドゲーム」という長く複雑な再構築でガバナンスへの参加を再活性化するために闘っています。

多くのDAOでの参加率の低迷の理由はさまざまです。メインストリームの機関や個人投資家は、特にアメリカや他の管轄域における進化している規制状況の不透明さを考慮して、参加することに消極的です。また、熱心に参加したDAOの参加者も、初期の熱狂が過ぎ去り価格が暴落すると興味を失うことがあります。

この記事はCoinDeskの「Staking Week」の一部です。Taylor JohnsonはPsyFiの共同創設者です。

ガバナンスからの離脱の背後にある主要な要因は、多くの分散型金融(DeFi)コミュニティでユーザーが直面している中心的なジレンマです。それは、ユーザーが自分の資産とエネルギーをエコシステムにどのように展開するかという問題です。

ガバナンストークンと報酬生成アセットとの明確な分離が存在するネットワークでは、ユーザーは不可能な選択を迫られます。報酬を得るためにステークするべきか?それともガバナンスへの参加に集中すべきか?

あまりにもしばしば、報酬からの個人的な利益を得る欲望がプロジェクトのミッションに向けた進展を助けることよりも優先されます。

しかし、資産の展開ジレンマには解決策があります。ステーキングです。資産をどこに配置すべきかというホブソンの選択からユーザーを救うために、ステーキングはすでにDeFiにおける最も強力なイノベーションの1つです。これ自体が自動インセンティブに基づく構築であり、再調整することができます。

今年のNounsDAO、Fantomブロックチェーン上のHector Network、Solana上のParrot Protocolなど、話題を呼んだインシデントは、離脱がDAOを弱体化させ、関心の薄いコミュニティメンバーからガバナンストークンを買い取り、プロジェクトが財源を売却したり他の手段を取ることでプロジェクトを壊滅させる可能性のある捕食者に対してDAOを脆弱にすることを示しています。

無関心は劇的ではないかもしれませんが、潜在的に同じくらいの被害をもたらす可能性があります。それはコミュニティからエネルギーを奪い、DAOが十分な投票を集めて基本的な決定を行うことさえ困難にすることです。ミッションクリティカルな提案などは考慮に入れることさえできません。結果として生じるボトルネックは、DeFiの迅速に変化する空間での機会を逃すことにつながります。

しかし、再調整されたステーキングは、意思決定の自動化や委任支援などの手段と組み合わせることで、違いを生み出すことができます。

実際には、ステーキングの形でプロトコル収益の一部のシェアを提供する一方で、コミュニティメンバーがプロジェクトが収益をどのように分配するかについて発言権を維持できる、新しい形態の二重目的ステーキングのエレガントなインフラストラクチャを構築することが完全に可能です。

このようなインフラストラクチャがあれば、コミュニティメンバーは発言権を持ちつつ報酬を得ることができます。そして、プロジェクトは流動性が向上し、意思決定が効率化され、プロトコルのユーザーとより生産的な対話ができるようになります。

常に私は、上昇する潮流がすべての船を浮かび上がらせるという考え方を支持してきました。もし、このようなツールがDeFiがより輝かしい未来に向けて進むのに役立つのであれば、それはオープンソースであり、ブロックチェーン上のすべてのコミュニティで利用できる必要があります。

関連記事: ENSとDAOのガバナンスの限界 | 見解

EthereumとEthereum仮想マシン(EVM)ブロックチェーンにはそのようなツールがありますが、変革の力がEVM非対応のネットワークにも届く時が来ました。多くのプラットフォームでは、トークノミクスは分断されており、ガバナンストークンと流動性提供や流動性ファーミングなどの活動に対する報酬のみに特化したアセットの間に明確な区別があります。

私たちのグループ(PsyFiともう1つの長期的なSolanaプロジェクトであるHXRO Networkの開発チーム)は、それを変えることを目指しています。私たちは、エコシステム内のどのプロジェクトでも無料で使用できるハイブリッドステーキングメカニズムを作成しました。

ユーザーがトークンをロックする時間が長ければ長いほど、プロジェクトの方向に対する影響力は増し、プロトコルから生成される報酬のシェアも増えます。これは単なるPsyFiのツールではなく、Solanaのチームは誰でもそれを使用し、それに基づいて構築し、自分たちのニーズに合わせてカスタマイズすることができます。

このようなインフラストラクチャによって、コミュニティメンバーは将来に対する利益を持つことができます。これはDeFi全体のユーザーエンゲージメントを活性化し、意思決定を迅速かつ効率的に行い、捕食者が攻撃する前に防ぐことができます。

ダニエル・クーンによって編集されました。