イーロン・マスク氏はマーク・ザッカーバーグ氏を不正行為で非難:Twitter vs. Threads

Twitterの幹部であるエロン・マスクは、SNS上の投稿でMetaがTwitterに似たテキストベースのソーシャルネットワーク「Threads」のリリースにおいて「不正行為」を行なっていると主張しました。

マスクは競争は問題ないとしながらも、不正行為は容認しないと明言しました。この億万長者の発言は、Twitterの弁護士であるアレックス・スピロがMetaのCEOであるマーク・ザッカーバーグに法的措置を取ると脅迫する手紙を送った後になされたものです。

競争は問題ない、不正行為は容認しない

— エロン・マスク (@elonmusk) 2023年7月6日

7月5日に、スピロは手紙の中でTwitterが「知的財産権を厳格に執行する意図」を持っていると述べました。同社はまた、Metaが即座にTwitterの営業秘密の使用を停止するよう要求しました。

スピロの手紙によれば、MetaはTwitterの営業秘密を含む機密情報にアクセスできる元Twitterの従業員を雇っています。スピロは、Metaがこれらの従業員を「模倣」アプリケーションであるThreadsの開発に割り当て、競合アプリの開発を加速させるためにTwitterの営業秘密と知的財産を使用したと主張しました。

さらに、スピロは手紙がTwitterとMetaの間の紛争に関連する文書、およびMetaが現在雇用している元Twitterの従業員に関連する文書を保管するための正式な通知となることも強調しました。

関連記事: Googleによるレート制限の削減により、暗号通貨のTwitterへの露出が減少する

スピロはまた、MetaがTwitterのフォロワーやフォロー情報のクロールやスクレイピングを行うことは許可されていないことも指摘しました。この弁護士は、会社の事前の同意なしには、何らの理由でもこれは禁止されていると書きました。

7月5日に、Metaの新しいテキストベースのソーシャルネットワーク「Threads」が100カ国でリリースされました。このアプリは、Twitterのレート制限の問題が起きた直後に展開されました。その際、Twitterは一時的にユーザーが読むことのできる投稿数を制限しました。

雑誌: 暗号通貨取引中毒: 見逃してはいけない点とその治療法