エルサルバドルのVolcano Energy社、241 MWのビットコインマイニング施設に対して10億ドルのコミットメントを確保

ボルケーノ・エナジーは、ツイッターの月曜日のプレスリリースによると、エルサルバドルのメタパン地域に241メガワット(MW)のビットコインマイニングを建設するための10億ドルのコミットメントを発表しました。投資家の1人は、ステーブルコインUSDTの発行元であるTetherです。これは、Kocooと共有された別のプレスリリースによって明らかになりました。

プレスリリースによると、マイニングサイトは、169 MWの太陽光エネルギーと72 MWの風力エネルギーを使用して、1.3エクサハッシュ/秒(EH/s)以上の計算能力を持つようになります。サイトは、国の北西部のサンタアナのメタパンに位置しています。

ボルケーノは、「政府が計画と実行において重要な役割を果たし、収益の23%に相当する優先的な参加を確保した」と述べています。外部投資家は企業の27%を所有し、残りの50%は「再投資」され、エネルギー生産とマイニング能力の拡大に充てられると述べています。

以前のマイニングイニシアチブは、エルサルバドルの地熱エネルギーの潜在性に焦点を当てていましたが、この新しい太陽光および風力エネルギーパークが火山活動とどのように接続されるかは不明でした。ボルケーノは、このマイニングサイトが「地熱エネルギーの未来へのパスウェイ」として意図されていると述べましたが、ロードマップは明確にされていません。

ステーブルコインの発行元であるTetherは、「戦略的エコシステム」を多様化しようとしており、Volcano Energyは、CTOのPaolo Ardoinoによると、「最も画期的な」イニシアチブの1つをバックしています。このステーブルコインの発行者は、過去数週間、ウルグアイのビットコインマイニングや、USDTを裏付ける準備資産にビットコインを購入するなど、投資面で忙しかったです。

北アメリカでの新しい開発の機会が限られているため、マイニング企業や他の企業は、ラテンアメリカや中東などの地域で投資を探しています。

続きを読む: マラソン、アブダビのZero Twoと提携し、中東初の大規模浸漬式ビットコインマイニング

更新(6月5日、14:35 UTC): Tetherに関する詳細を追加。

Stephen Alpherによる編集。