「ビットコインの大規模な上昇とともに、エルサルバドルは債券の急騰を目の当たりにする」

El Salvador witnesses a surge in bond prices alongside the significant rise of Bitcoin.

エルサルバドルの格付けが低い債券は、ビットコイン(BTC)の驚異的な上昇と同様に、驚異的な急騰を経験し、2023年を通じて上昇し続けています。報道によると、エルサルバドルの債券は、62%急騰し、現在はドルに対して72セントで取引されています。同じ期間に、世界の主要な仮想通貨であるビットコインは79%の上昇を経験しました。

エルサルバドルの債券の急騰は、同国の債務の最大の保有者であるInvesco Emerging Markets Sovereign Debt ETF(PCY)の成績をも上回っています。

ビットコインの普及とETFの急騰

ブラックロック社(NYSE: BLK)によって牽引される最近の世界的なExchange-Traded Funds(ETFs)のトレンドが、エルサルバドルの債券の指数関数的な急騰の背後にあります。現物ビットコインETFの申請が拡大するにつれて、ビットコインの価格は著しい上昇トラジェクトリーを示しました。この上昇により、投資家の信頼が高まり、エルサルバドルの主権債務への需要が増加した可能性があります。

高収益の投資への投資家の欲求が高まると、エルサルバドルの格付けが低い債券が単発の事例ではなく、より大きな市場全体のトレンドの一部であると推測できます。トルコ、アルゼンチン、ナイジェリアなど他の国々の格付けが低い債券も、今年初めに投資適格債券を上回っています。

エルサルバドルのビットコイン分散化計画は抵抗に直面

エルサルバドルが法定通貨としてビットコインを採用する決定は、格付け機関や国際通貨基金(IMF)からの懐疑と反対を受けています。IMFは、エルサルバドルがビットコインを法定通貨として採用した初期の時点から、その採用に対して法的リスク、財政の脆弱性、および仮想通貨市場の投機的な性質による理由で当局に計画の見直しを促してきました。

IMF以外にも、世界銀行やフィッチ・レーティングなどのグローバル金融機関も、ビットコインの採用の経済的な持続可能性を批判し、格付けを下げています。

2021年、S&Pもエルサルバドルがビットコインを法定通貨として採用する決定に懐疑的な見方を示し、国の信用に即時の否定的な影響を引き起こす恐れがあると述べました。格付け機関は、仮想通貨の採用の潜在的な利益よりもリスクが優位になることについて懸念を表明しました。

新興経済国として、エルサルバドルは米ドルの減価による主要な変動リスクに対処するために、ビットコインを効果的に利用する最善の方法と信じています。ナイビブ・ブケレ大統領によって認可された一部の蓄積を伴ったBTCの法定通貨化後、ビットコインは過去数か月間のように一貫して回復せず、長期的には伝統的な資産を上回るという最高の予測により、ビットコインの支持者はエルサルバドルが最後に笑う国になると確信しています。これまでのところ、エルサルバドルは債務の義務を果たすことができ、債券の現在の成長はある程度まで投資家の信頼を回復させるのに役立つでしょう。