エルサルバドルは、サムソン・モウ氏が述べるように、ビットコインの戦場での「拠点」として機能しています

JAN3のCEOであるSamson Mow氏は、エルサルバドルがグローバルなビットコイン(BTC)の普及のための「拠点」となる可能性があると述べ、他のラテンアメリカ諸国も「簡単に」この国の先例に続くことができると提案しました。

エルサルバドルは、ビットコイン熱心なナイビブ・ブケレ大統領の指導の下、2021年に法定通貨としてBTCを採用しました。

Mow氏はSwanとのインタビューで次のように認めました。

「ビットコインについて100万人を熱狂させる簡単な解決策はありません。」

しかし、彼は言いました。

「(人々は)間違いなくエルサルバドルを見ています。」

彼は、この国が「私たちが指し示すことのできるビーコン」であり、他の国で行うことができることを「可能にする扉を開く」と述べました。

CEOは、他の国々がエルサルバドルに続く可能性があり、グアテマラをそのような国の1つとして挙げました。

Mow氏は、グアテマラは法制度上、外貨を支払い手段として使用することを許可しているため、「瞬時にビットコインを採用することができる」と述べました。

JAN3のボスは、ビットコインの認知を確立するためのエルサルバドルの足掛かりについて語りましたが、ビットコインユーザーはまだ「コインを採用する国がもっと必要」と述べました。

ビットコインが「お金」であると人々に伝えることは、「商品」としての地位を宣伝する取り組みよりもトークンをより早く理解させることができる、とMow氏は述べました。

Mow氏は次のように説明しました。

「私たちは立ち位置を持っています。エルサルバドルは小さな足掛かりであり、私たちにはこれ以上必要です。なぜなら、既存の権力は中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入を望んでいるからです。」

Mow氏は、ビットコインユーザーがデジタル通貨の進展に対抗するために「BTC」と共に「戦い、対抗」する必要があると述べました。それが唯一効果的なツールだからです。

CEOはまた、地熱および水力資源を持つ国々にとってBTCは「恵み」となり得ると述べました。

そのような国々は暗号通貨を採掘して「サウジアラビアやUAEのような裕福な国家」になることができます。

Mow氏はTwitterのバイオに「国家のビットコイン採用に取り組んでいる」と記載しています。

最近、国際的なビットコインユーザーがエルサルバドル政府と協力しています。

これには、メキシコで最も裕福な人物であり、注目すべきビットコイン支持者であるリカルド・サリナス・プリエゴ氏などが含まれます。

ビットコインユーザーであるMax Keizer氏とStacy Herbert氏が現在、エルサルバドル国立ビットコインオフィスを運営しています。

そして先月末、政府は「ビットコインの標準」の著者であるSaifedean Ammous氏を同じオフィスの経済顧問に任命しました。