ECB(欧州中央銀行)の役員が、辛辣なスピーチの中で暗号通貨を「有害で、社会的な利益がない」と呼びました

欧州中央銀行(ECB)の執行理事であるファビオ・パネッタ氏は、暗い未来を予測し、暗号資産が投資家の間で賭博に使用されることがあると提案しています。

パネッタ氏は、2021年末から2022年にかけてトータル市場キャピタルが1兆ドル以上下落したことで、投資家にとっての暗号資産の「堅牢な価値保存手段」という認識が失われ始めたと述べています。ECBの役員によると、暗号資産の「高い不安定性」は、賭博に向いているため、グローバルな立法者によってそのように扱われるべきだとのことです。

「暗号資産は限界があるため、革新的かつ堅牢な金融形態に発展することはなく、代わりに有害な形に変異しました。暗号資産のエコシステムには市場の失敗と負の外部性が蔓延しており、適切な規制保障が設けられない限り、さらなる市場の混乱が起こる可能性があります。」とパネッタ氏は述べています。

彼は次のように付け加えました:

「暗号資産は、社会的な利益を生み出していない産業を支援する立場にある立法者は注意すべきであり、伝統的な金融システムに統合しようとしており、そのシステムの一部として正当性を獲得し、それに乗っかろうとしていることを理解する必要があります。」

暗号資産は、新しい投資家を引き付けるために常に新しいストーリーを作り出すことに頼っていますが、約束を果たすことができませんでした。暗号資産がまだ社会に利益をもたらしていない産業を支援する立場にある立法者は注意すべきです。スピーチを読むhttps://t.co/okum8fH3qf 1/3 pic.twitter.com/40OlefVExB

— European Central Bank (@ecb) June 23, 2023

パネッタ氏は、暗号資産の取引の「セキュリティ、スケーラビリティ、分散化」が「実現不可能」であり、ブロックチェーンの不変性は、取引が逆転できないことが多いため、この分野のネガティブな側面だと主張しています。彼は、FTXの崩壊や、アメリカ証券取引委員会がBinanceに対して起こした最近の訴訟を、この分野の「基本的な欠陥」として引用しています。

関連記事: CZが語る、BinanceにおけるFUDの理由について

パネッタ氏は、中央銀行によって研究されている潜在的なデジタルユーロ計画の一部を支持してきました。彼はまた、環境へのリスクに対処する取り組みの一環として、「過剰な環境負荷を引き起こす暗号資産の禁止」を提案しています。

雑誌: 暗号資産批評家:FUDが役に立つことがあるのか?