「規制上の課題により、ジェミニはオランダでのサービス提供を停止する予定です」

Due to regulatory challenges, Gemini plans to suspend its services in the Netherlands.

  • 規制の順守に関する問題があったため、Geminiはオランダでの運営を一時停止しました。
  • Geminiは、ニューヨークに拠点を置く仮想通貨取引所です。
  • Geminiの決定は、同様にオランダでの活動を停止したバイナンスに続くものです。

ニューヨークを拠点とする主要な仮想通貨取引所の一つであるGeminiは、一時的にオランダでの仮想通貨サービスを停止する計画を明らかにしました。

同取引所は、オランダの金融当局であるDe Nederlandsche Bank(DNB)が設けた厳格な規制要件を満たすことができないという理由で、この決定を下しました。

Geminiは、オランダのユーザーベース宛ての手紙で、顧客に資産の引き出しや代替のウォレットアドレスへの送金を促しています。サービスの一時停止は、DNBが課した規制義務に準拠するため、2023年11月17日に実施されます。

規制順守後、Geminiがオランダ市場に再参入

オランダでの運営の一時停止にもかかわらず、Geminiは自社の運営を新たな仮想通貨資産に関する規制フレームワークと調整し成功させた後、オランダ市場に再参入する意欲を表明しています。マーケットインクリプトアセット(MiCA)への順守への言及から、Geminiは欧州連合全体での仮想通貨企業に対する要件を標準化することを目指し、EUの規制フレームワークへの適合を検討している可能性が示唆されています。

ユーザーのスムーズな移行を支援するために、GeminiはDNBに登録されたライセンスを持つオランダの仮想通貨取引所であるBitvavoを推奨しています。2018年に設立されたBitvavoは、オランダのビットコイン企業協会のメンバーであり、オランダの仮想通貨愛好家に対する規制順守の代替手段を提供しています。

オランダを去る仮想通貨取引所

Geminiの決定は、規制承認の課題により、グローバルな仮想通貨大手のバイナンスも2023年夏にオランダでの活動を停止したという同様の動きに続くものです。これは、仮想通貨取引所がヨーロッパでの規制要件を満たすことに直面するますます複雑な状況を示しています。

現在、オランダではeToro、Coinbase、Crypto.com、BitPayなどの有名なプラットフォームを含む37の仮想資産プロバイダーが登録されています。ただし、Coinbaseは2023年1月に非順守の罰金$3.6 millionを科されました。これらのプロバイダーはDNBが策定した規制フレームワーク内で運営しており、オランダ市場における仮想通貨事業の規制順守の重要性を強調しています。