「実世界の応用と明確な規制により、ユーロステーブルコイン市場は成長する見込みです」

Due to real-world applications and clear regulations, the Euro stablecoin market is expected to grow.

ユーロのステーブルコイン市場は、パトリック・ハンセン氏(サークルの欧州戦略・政策ディレクター)によれば、今後数年間で拡大する見込みです。ハンセン氏は、7月17日(月曜日)にパリで開催されたEthCCカンファレンスでこの話題に触れました。サークルは現在、トップ5のユーロペッグのステーブルコイン「ユーロコイン(EUROC)」を保有しており、市場シェアの拡大を目指しています。

ドル主導の市場

ハンセン氏によれば、ステーブルコイン市場の現在の規模は約1,200億ドルです。しかし、ユーロのステーブルコインはわずか3億ドル程度の市場シェアしか持っていません。これは、全体のステーブルコイン市場のわずか0.3%に過ぎません。

一見すると、これは米ドルが中央銀行による取引において最も好まれる通貨であるため、当然のことのように思われるかもしれません。しかし、ユーロは伝統的なマネーマーケットの20%に相当する価値があります。これは、ユーロのステーブルコイン市場には成長の可能性があることを示しています。ハンセン氏は、ステーブルコイン市場がドル主導である理由は、それが米ドルから始まったためだと考えています。したがって、ドルペッグの資産は先行者利益を得ることができました。

ビットコイン・スイスAGのペイ&ステーブルコイン部門の責任者であるアーミン・シュミット氏も、ユーロに関連するネガティブな金利や規制のためにドルペッグのステーブルコインが好まれると述べました。これにより、市場の流動性が低下し、ユーロのステーブルコイン利用者はより高いリスクと利用コストに直面するとハンセン氏は説明しています。

規制の明確化と現実世界での使用がユーロのステーブルコイン市場の成長を支援

暗号通貨市場が単なる投機から実世界の実用性へ移行するにつれて、ハンセン氏はステーブルコインの利用が増えると予想しています。すでに、送金や法人間取引でステーブルコインの使用を始めるよう求める声があります。また、既存の欧州の支払いシステムにユーロのステーブルコインを統合するよう求める声もあります。ハンセン氏は、これによりユーザーが地元通貨でステーブルコインを要求するようになると考えています。

また、住宅ローンや自動車ローンのような分散型金融の使用も地元通貨で行われる必要があります。ハンセン氏は、これが地域化された流動性プールの規模を拡大し、ユーロのステーブルコイン市場を活性化させるはずだと主張しています。

一方、欧州連合は最近、マーケットインクリプトアセット(MiCA)という包括的な規制を提案しました。MiCAは、暗号資産の発行者やサービスプロバイダーに法的な確実性と消費者保護を提供することを目的としています。この枠組みによれば、MiCAは支払いステーブルコインを従来の法定通貨や電子マネーと同様の支払い手段とみなしています。

他の暗号資産よりも厳しい規則や監督の対象となりますが、この明確性は多くの暗号通貨企業にとって助けになるでしょう。枠組みが2024年に開始されると、ユーロのステーブルコイン市場を活性化させるための調和のとれたイノベーションフレンドリーな環境が創出されることになります。