「使用が不足しているため、テザーはビットコインステーブルコインの提供を中止することを決定」

Due to low usage, Tether has decided to suspend the provision of Bitcoin stablecoin.

世界最大のステーブルコインであるUSDTの発行元であるテザーは、ユーザーの関心の欠如を受けて、ビットコインのOmni Layerバージョンの提供を終了することを発表しました。このビットコインのステーブルコインは、最初に作成されたものの一つでした。

テザーのCTOであるパオロ・アルドイーノは最近の発表で、ビットコインキャッシュとクサマのステーブルコインバージョンも提供を終了する予定であると述べました。

声明によれば、テザーはビットコインのOmni Layer、クサマ、またはビットコインキャッシュのプラットフォーム上では新しいトークンを生成しなくなることを明らかにしました。引き換えオプションは少なくとも1年間は利用可能なままであり、会社は引き換えの将来的な取り扱いについては年末までに追加の通知を提供する予定です。

ビットコインのOmni Layerは、ビットコインブロックチェーンの上に構築されたスマートコントラクトフレームワークです。元々「マスターコイン」という名前で、テザーは2013年7月にローンチし、イーサリアムよりも2年も前に運用を開始しました。テザーは2014年10月にオムニレイヤーシステム上で先駆的なステーブルコインであるUSDTを導入しました。それはBitUSDやNuBitsなどの以前の参入者を上回る最高の時価総額のステーブルコインとして急速に注目されました。

テザーのCTOは、2021年8月17日の発表で、Omni Layerテザーの歴史的な重要性を認識しています。アルドイーノは次のように述べています。

「私たちはこの決断の重要性を理解しており、特に2014年にテザーが使用した最初のトランスポートレイヤーであるOmniにとってはそうです。ビットコインの上に構築されたOmni Layerは、テザーの早期の道程において重要な役割を果たし、チームが暗号通貨の景観にもたらした貢献とイノベーションを認めています。」

Bitcoin Omni Layerの課題

テザーチームは、Omni Layerがトークンの人気の限定性と、代替ブロックチェーンでのUSDTの広範な利用可能性による障害に直面していたことを強調しています。これにより、取引所はOmniではなく異なるトランスポートレイヤーを選択し、USDT Omniの利用が減少しました。その結果、同社は発行を停止することを決定しました。

テザーは、Omniが採用が増えた場合にはOmni Layerバージョンの提供を再考する可能性があると述べています。さらに、同社は「RGB」という新しいビットコインスマートコントラクトシステムの開発に取り組んでいることを明らかにしました。完成後、テザーは自身のRGBバージョンを再導入し、効果的にビットコインブロックチェーンにテザーを戻す意向です。

ステーブルコイン市場が拡大し続ける中、テザーのUSDTステーブルコインもPayPalや他のプレーヤーからの競争の増加に直面する可能性があります。