「Dota 2」と「Rocket League」のプロ選手たちは、Web3とブロックチェーンゲームの可能性を「探求したい」と考えています

Dota 2 and Rocket League pro players are interested in exploring the potential of Web3 and blockchain games.

ゲーム開発者たちはWeb3がゲームに参入するアイデアを嫌っているようですが、生計を立てるためにゲームトーナメントで競技するプレーヤーたちは、ブロックチェーンゲームを試してみることによりオープンな姿勢を持っています。

Gaimin GladiatorsのプロDota 2プレーヤーで、一般的には「Tofu」というゲーマータグで知られるErik Engelは、Cointelegraphに送られた声明で、Web3がゲーマーをどのように助けることができるかについての彼の考えを表明しました。

Dota 2の競技シーンで様々な主要なトーナメントで$400,000以上を獲得してきたEngelは、「ゲーム以外のものをゲームから引き出す」という企業の取り組みを見ることが「新鮮であり、気分が良い」と述べました。彼は次のように説明しました:

「ブロックチェーンゲームのアイデアは、私たちのほとんどにとってまだ新しく拡大中のトピックであり、将来的にはもっと探求したいと思っています。もしゲームを改善し、さらに報酬的にするのであれば、それは間違いなく将来に期待すべきものです。」

さらに、EngelはWeb3には「プレーヤーにとって本当に有益な機能」があり、将来企業がどのような取り組みをするのかを楽しみにしていると述べました。

Gaimin GladiatorsのErik “Tofu” EngelがESL One Berlin Majorトーナメントで優勝後にトロフィーを持っている様子。出典:Gaimin Gladiators

Rocket Leagueのプロゲーマーで、一般的には「Maxeew」というゲーマータグで知られるMax NgもEngelと同じ考えを共有しています。Ngによれば、彼はゲームが異なる形で開発されるアイデアがとても好きだと述べました。

「新しいテクノロジーや機能を追加するというアイデアは、ほぼどのゲームでも恩恵を受けることができるものです。特にそれがユーザーの時間やゲームへの投資を報酬として返すものである場合には、さらに恩恵を受けることができます。」

Ngは、ブロックチェーンベースのゲームについて調査はしたものの、個人的には試したことがないと述べました。しかし、彼は競技シーズンが忙しくない時に始めるつもりだと語りました。

Gaimin GladiatorsのMax “Maxeew” NgがRocket Leagueトーナメントで競技している様子。出典:Gaimin Gladiators

一方、EngelとNgが所属するGaimin Gladiatorsの共同創設者であるJoseph Turnerは、分散型金融の領域内で構築されたWeb3ゲームの初期の登場が「多くの主要なパブリッシャーを驚かせた」と述べました。

2021年、人気のあるビデオゲームタイトルであるDota 2やHalf-Lifeの開発元であるValve Corporationは、ブロックチェーンベースのゲームを自社のゲームマーケットプレイスであるSteamから削除しました。同社は、仮想通貨や非代替可能トークンを発行するゲームを禁止するためにガイドラインを更新しました。

TurnerはValveを「非常に伝統的な」ゲーム会社と表現し、同社が他の企業が行ったようにWeb3に飛び込むことはないだろうと述べました。それにもかかわらず、Turnerは潮流が変わると信じています。「Valveが自社の声明を出した理由は理解できますが、彼らの立場は時間とともに急速に変わると感じています」と彼は述べました。

また、Web3をゲームに統合するだけでなく、ゲーム団体の幹部はブロックチェーンプロジェクトがプロゲーミング業界に関与することを奨励しています。「Web3の世界が競技ゲーム産業と直接関わるべきだと強く信じています」とTurnerは付け加えました。

関連記事: 調査によると、ゲーマーはNFTよりもビットコインを獲得することに関心があります

BNB ChainのパートナーグロースおよびGameFiリーダーであるWalter Leeは、Gaimin Gladiatorsとのパートナーシップを通じて競技ゲームの景観に浸透し始めたBNBチェーンによると、Web3とブロックチェーン技術は伝統的なゲームエコシステムを強化することができます。

ゲーム内アセットのトークン化から、オンチェーンの検証可能な乱数生成メカニズムなどの他のユースケースまで、Leeは「ポテンシャルは巨大だ」と考えています。さらに、彼はWeb3ゲームの成長のスピードのために、いつかは単にゲームと呼ばれるようになるだろうとも述べています。

Leeはまた、Web3がプロゲーマーに多くの機会を提供しているとも強調しました。彼は次のように説明しました:

「多くの新しいスタジオから多くの興味深い新作ゲームが出ています。これらのタイトルのいくつかは、業界のために大きな人気を獲得し、新しいエキサイティングなeスポーツリーグを生み出す可能性があります。」

Lee氏は、ゲーマーもWeb3で自身のブランドや収益源を構築することができると考えています。「プレイヤーは、eスポーツ企業への依存度を低くしながら、業界で持続的に成長することができるようになるでしょう。これにより、eスポーツ企業とプレイヤーの需要がバランスを保ちます」と彼は述べました。

この記事をNFTとして収集し、歴史的な瞬間を保存し、暗号空間における独立したジャーナリズムをサポートしてください。

マガジン: Web3 Gamer:GDCでのShrapnelの驚異的なパフォーマンス、Undead Blocksのホットな話題、Second Trip