「DOJは、Bankman-Friedの裁判の証人を準備し、FTXの資産にスポットライトを当てる準備をしています」

DOJは、Bankman-Friedの裁判証人準備とFTXの資産にスポットライトを当てる準備をしています

米司法省(DOJ)は、元FTXのクライアント、投資家、スタッフを、元FTX幹部のサム・バンクマン・フリード氏を巡る今後の裁判の証人として召喚する計画を明らかにしました。これにより、これらの個人がバンクマン・フリード氏と彼の会社との相互作用をどのように捉えていたのかが明らかになるでしょう。

DOJは9月30日にリミネートリモーションの書状を提出し、証人たちにFTXが顧客資産をどのように処理していたかについての解釈を得るための許可を求めました。これは重要な意味を持つでしょう。

これらの証言は、被告とこれらの証人との相互作用に関する貴重な視点を提供することを意図しています。この取り組みは、特にFTXの資産管理に関するバンクマン・フリード氏の発言や行動に対する彼らの理解も含んでいます。DOJは、プラットフォームがこれらの資産を安全に保護するとの信念で大量の資産をFTXに委託した小売および機関の顧客の経験を強調する意図があります。

米国南部地区ニューヨーク連邦地方裁判所における法廷提出書類。出典:CourtListener

さらに、DOJの証人の一人である「FTX顧客-1」として言及される人物がウクライナに居住しているという特異な状況が生じています。継続している紛争のため、アメリカへの出国や証言の提供には困難が伴います。そのため、DOJはビデオ会議を有効な代替手段として提案していますが、バンクマン・フリード氏の弁護側はまだこの提案に同意していません。

ただし、弁護側の弁護士であるマーク・コーエン氏率いるバンクマン・フリード氏の法的チームは、DOJによる陪審員への質問について懸念を表明しています。バンクマン・フリード氏の弁護側によると、これらの尋問はバンクマン・フリード氏の罪を暗示し、逆に「有罪が立証されるまでの無罪の原則」を損なう可能性があります。

さらに、弁護側は、これらの質問が陪審員の固有の偏見を効果的に明らかにすることができないかもしれないと主張しています。特に、暗号通貨に関連する個人的な経験に関連する場合、一部の質問は陪審員の視点を誤って導く可能性があり、裁判の公正さを損なう可能性があります。

関連記事:サム・バンクマン・フリード氏の弁護士が米国政府の提案した陪審員への質問に異議を唱える

陪審員の選定が10月3日に始まり、すぐに裁判が行われる予定であり、この高慢な法的対決にスポットライトが当てられています。この事件は、即時の結果だけでなく、公正の原則を維持するための透明なコミュニケーションと偏見のない尋問の重要性を強調しています。

関連記事:デポジットリスク:仮想通貨取引所は実際に顧客の資金をどう扱っているのか?