BoEのCBDCチーフによると、デジタルポンドはプライバシーに焦点を当てた擬名の通貨になります

英国銀行(BoE)は、中央銀行デジタル通貨(CBDC)プログラムにおいて重要な進展を遂げた。BoEのフィンテックディレクターであるトム・マトン氏は最近、CBDCのプライバシーの側面と、中央銀行がブロックチェーン以外の他のオプションを探る可能性について洞察を共有した。

マトン氏は、BoEがデジタルポンドの設計について議論するために開催した技術者によるミーティングで、CBDCに使用する台帳について明確な意見の相違があったと説明し、銀行はブロックチェーンを含む複数の台帳技術を試験することを目指している。

デジタルポンドの開発計画は、イギリス財務省とBoEが2021年4月に共同タスクフォースを設立して英国CBDCの研究を行った際に最初に提案され、その後、2023年2月に銀行がコンサルタントペーパーを発行してデジタルポンドの設計を概説した。

関連記事: デジタルポンドはプライベートステーブルコインと共存する可能性がある

現在、BoEと英国財務省は、CBDCの提案された設計について、ステークホルダーや技術の専門家からフィードバックを求めている。フィードバックは6月30日まで受け付けている。

マトン氏は次のように述べた。

「私たちは民間セクターの分散型台帳ビジネスモデルと互換性があることを望んでいますが、分散型台帳が従来の台帳よりも効率的であるとは確信していませんでした。」

KocooはBoEに、検討している他の台帳技術について問い合わせたが、BoEは出版時には回答しなかった。

台帳技術に関する議論に加えて、マトン氏はCBDCのプライバシーの側面についても話し、ユーザーにプライバシーを提供することに重点を置き、個人データは収集しないと主張した。銀行はインフラストラクチャーの提供に焦点を置き、プライベートプレーヤーがイノベーションに責任を持つとした。

「英国銀行と共有されるデータはありません。どの取引が行われたかはわかりますが、それを行った個人に関するデータはありません。ウォレットプロバイダーはユーザーデータを持っていますが、取引データにはアクセスできません。」

マトン氏は、BoEや政府がユーザーデータにアクセスできないとし、限られたアクセス権を持つウォレットプロバイダーでさえ、どのデータを保存できるかについてユーザーの同意が必要であるとした。BoEは小売に焦点を置いており、デジタルポンドはプライベートステーブルコインと共存する可能性があると述べていた。

雑誌:暗号通貨税のベスト&ワーストカントリー-暗号通貨税のヒントも