「インターネットコンピュータは、AWSのようなサービスに対する重要な選択肢となるでしょう」と、Dfinityの役員は述べています

Dfinity executives have stated that Internet computers will be an important alternative to services such as AWS.

Web3のエコシステムは分散化の原則に基づいて構築されていますが、エコシステムのほとんどはまだ比較的中央集権化されています。メタバースサーバーや非代替性トークン(NFT)など、いくつかのブロックチェーンエコシステムは、Amazon Web Services(AWS)などの中央集権化されたサーバーに完全に依存しています。

したがって、これらのエコシステムは中央集権化に伴ういくつかの脆弱性に直面しています。しかし、Dfinityの創設者であるDominic Williams氏は、インターネットコンピューターブロックチェーンがそれを変えることができると考えています。

Ethereum Community Conference(EthCC)の中でCointelegraphの記者であるZhiyuan Sun氏との対話の中で、Williams氏は、スマートコントラクトの使用により、インターネットコンピューターは人間のバックドアを排除し、次世代のプロトコルを真に自律的かつ分散化すると説明しました。

インターネットコンピューターは、世界中の独立したデータセンターが連携して、現在の中央集権化されたインターネットクラウドプロバイダーに対する分散化された代替案を提供するためのプロトコルのセットです。

Williams氏は、インターネットコンピューターがAWSなどの中央集権化されたサーバーを置き換える上で重要な役割を果たすと指摘しました。彼は次のように述べました:

「私たちは、人々にインターネットコンピューター上のキャニスタースマートコントラクトでその中央集権化されたシステムを置き換えてほしいのです。これはDaoテクノロジーの進化のようなものであり、全体が安全で、安全で、分散化され、自律的です。私たちは、Amazon Web Servicesのようなこの中央集権化されたものをインターネットコンピューターで置き換えてほしいのです」

Williams氏は、インターネットコンピューターがブロックチェーンの世界に開かれる可能性についても議論しました。彼は、小規模な国やプロジェクトがウォレットを構築する必要がなく、単にインターネットコンピューターをBitcoinネットワークに統合してトランザクションを開始できると指摘しました。彼は、「スマートコントラクトはBitcoinアドレスを作成し、Bitcoinを受け取り、送信することができ、UTXO(未使用のトランザクション出力)の複雑さは隠されている」と説明しました。

関連記事:Web3ユーザー名は最近の進展によりより多くの採用が見込まれる

インターネットコンピューターについての側面と従来のアーキテクチャとの違いについて議論する中で、Williams氏は、スマートコントラクトは「ソフトウェアを食べる」可能性があると述べ、コンピューターのスマートコントラクトがウェブサーバーやKubernetes、データベースなど、ITスタックの多くの従来の機能を置き換える可能性があると提案しました。

Dfinity Foundationは非営利の科学技術組織であり、インターネットコンピューターブロックチェーンへの主要な貢献者です。同財団は最近、ネットワーク上でAIを活用するプロジェクトを支援するための500万ドルの分散型人工知能の助成金を発表しました。

関連記事:Web3 Gamer:Appleがゲームを修正する?SECがメタバースを嫌う、SteamでLogan Paulがいじめられる