DFINITYとSingularityNETは、分散型AIインフラストラクチャを進化させるためにパートナーシップを結びました

DFINITYとSingularityNETは、分散型AIインフラストラクチャを進化させるために協力関係を結びました

  • DFINITY財団とSingularityNETは分散型AIインフラストラクチャを目指している。
  • このプロジェクトでは、Internet ComputerブロックチェーンをSingularityNETマーケットプレイスと統合する予定です。
  • SingularityNETのCEO、Dr. Ben Goertzelは、この協力関係の目的は、全ての人類に利益をもたらす分散型AIとAGIのインフラストラクチャを開発することです。

DFINITY財団(DFINITY)と分散型AIマーケットプレイスSingularityNET(AGIX)は、分散型の人工知能(AI)インフラストラクチャエコシステムを推進する戦略的パートナーシップを発表しました。

DFINITYとSingularityNETは、この協力関係を活用して、Internet Computer(ICP)ブロックチェーン上で構築されたdAppsに分散型AIサービスをもたらすインフラストラクチャを構築する予定です。これについては、月曜日に発表されたプレスリリースに詳細が掲載されています。

分散型AIインフラストラクチャの推進

AIおよび人工汎用知能(AGI)への分散型アプローチの推進が進む中、両社は協力しています。

適切なインフラストラクチャを持つエコシステムは、この技術的な進歩の恩恵を人類にもたらすのに役立ちます。

SingularityNETのCEOであるDr. Ben Goertzelは、声明の中で、「SingularityNETとDFINITYは、それぞれAIとAGIの分散化を可能にする重要なツールとプラットフォームを作り出しています。これらのツールセットを組み合わせることは、全ての人類の利益のための分散型AIネットワークを作る上で重要な一歩になります」と述べています。

両組織は、授与プログラムのシナジー効果も計画しており、DFINITYのデベロッパーグラントプログラムを深化させることを目指しています。この場合、組織は開発者コミュニティを活性化し、研究者や科学者が分散型AIエコシステムを進化させるために必要なリソースを提供することを期待しています。

DFINITY財団の創設者兼最高科学者であるDominic Williamsは、ICPがこの探求において重要な役割を果たすと指摘しています。

「Internet Computerはブロックチェーン上での人工知能のホスティングにおいて先駆的な存在です。7月に$5 millionのDeAIグラントが発表されて以来、ICPを活用したAIを利用するプロジェクトが増えてきました。このSingularityNETとのイニシアティブは、私たちのDeAIのビジョンをさらに具現化します。Dr. Ben Goertzelと彼のチームと一緒にDeAIフレームワークを洗練させることに興奮しています」と彼は付け加えています。

この取り組みの一環として、DFINITY財団とSingularityNETは世界中のICP.Hubsでの共同イベントを開催する予定です。これらのイベントは、ハッカソン、セミナーなど、今後の一年間にわたって続けられます。

DFINITY財団とSingularityNETによる今回の発表は、AI業界がOpenAIの激動の出来事に直面している中で行われました。AI企業であるOpenAIは先週、共同創設者兼CEOのSam Altmanを解雇し、彼の復職を求める動きが報告されたにもかかわらず、結局は彼がMicrosoftに参加することとなりました。

彼は、テックジャイアントの新しいAIチームを率いる予定です。