「ドイツ証券取引所、デジタル資産へのアプローチを目指した新たな投資戦略「ホライゾン2026」を発表」

「ドイツ証券取引所、デジタル資産への新しいアプローチを追求する投資戦略「ホライゾン2026」を発表」

過去数年、Web3市場とブロックチェーン技術は、伝統的な株式市場からデジタル資産とトークン化へのグローバルな金融システムの急速なシフトを引き起こしました。このシフトは、欧州諸国を中心とした世界中で行われている暗号通貨の規制変更によって加速されています。ドイツでは、同国の立法者が複数の暗号通貨規制を通過させ、Web3の開発者、機関投資家、小売トレーダーに安全で持続可能な環境を確保しています。その結果、株式取引の大手であるドイツ証券取引所AG(ETR:DB1)は、年々の収益と顧客基盤の成長を目指したHorizon 2026という新たな投資戦略を発表しました。

Horizon 2026計画によれば、ドイツ証券取引所は、将来の数年間にさらなる商品を含めるために、トレーディングプラットフォームのデジタル化を強化する意向です。また、伝統的な株式取引プラットフォームは、中央集権型および非中央集権型のWeb3取引所によって徐々に取って代わられつつあります。そのため、ドイツ証券取引所は、リアルワールドの資産トークン化を高めるために、クラウドコンピューティングインフラの開発に取り組んでいます。

「ドイツ証券取引所はデジタルアプリケーションの分野でリーダーです。長期的には、既存または新しい資産クラスのデジタル化とそれに対応する取引および決済プラットフォームによって、新たな技術からさらなる成長の可能性があります」と同社は述べています。

特筆すべきは、ドイツ証券取引所が分散基盤と市場を通じてD7というトークン化プラットフォームを顧客に提供していることです。ただし、同社は、D7プラットフォームをさらに強化するためにクラウドコンピューティングインフラを整備していると述べています。D7プラットフォームに加えて、ドイツ証券取引所は、クラウドコンピューティングインフラを活用したデジタル資産取引プラットフォームを構築する意向を示しています。

ドイツ証券取引所とその市場展望

将来の収益向上を目指した他の戦略的な動きの中で、ドイツ証券取引所の株価は過去5日間で約5.17%上昇し、金曜日には166.95ユーロで取引されています。この302.9億ユーロの評価を受けた企業は、Covid-19に関連する金融の乱れにより、2020年以降の10年間のバル相場の伸びを維持することに苦労してきました。それにもかかわらず、同社は、株主に還元を続けるために、事業モデルを再構築し、デジタル資産に焦点を当てることを熱心に取り組んでいます。

その結果、MarketWatchによる22人以上のアナリストの調査で、DB1株式市場は平均的な評価を受けています。特筆すべきは、ドイツ証券取引所が将来の成長の可能性を確保するために、ニューヨーク証券取引所やロンドン証券取引所グループなど他の世界的な株式市場と競合していることです。また、インフレや市場の不確実性の高まりに伴い、より多くの投資家が質の高いデジタル資産を採用することが予想されています。