インフレリスクが薄れても、ビットコインは31,000ドルを下回ったままです

Despite the diminishing inflation risk, Bitcoin remains below $31,000.

ビットコイン(BTC)の投資家は、米国のインフレが大幅に鈍化したと政府が発表したことを受けて、歓迎すべき経済ニュースを受け取りました。

そして、実際に、報告書が公表された後、ビットコインの価格はすぐに31,000ドル近くまで急騰しました。しかし、長続きしませんでした。現時点で、CPI(消費者物価指数)のデータが公表される前よりも1%以上下落し、30,500ドルを下回っています。

報告書によると、6月の消費者物価は前年比で3%上昇し、5月の4%の増加に比べて鈍化しました。さらに良いニュースとして、食品とエネルギーの価格を除いたコアレートは、2023年初めに5%を超えた後、4.8%の増加に鈍化しました。

速いインフレがビットコインを2021年11月のピークから下落させる一因とされてきましたので、インフレリスクの低下はサポート的な要素となるはずです。しかし、それが今日起こらなかったことは、いくつかの問題を引き起こします。

連邦準備制度

まず第一に、COVID時代における数々のインフレの偽装の一つかもしれません。2021年の「一時的な」段階を覚えていますか?米国連邦準備制度は、上昇するインフレに対して行動を起こす必要がないと確信していましたが、それは一時的なブリップだという期待に基づいていました。ウォールストリートジャーナルのニック・ティミラオスは、今朝のCPIについてコメントし、その後のデータがそれを否定する前に、2021年7月と8月のインフレ報告がその仮説を裏付けるように思われたことを思い出しました。ティミラオスは、今朝のデータだけで連邦準備制度が2023年に追加の利上げの道を踏み外すことはないとは考えていません。

シルクロードからのビットコイン

第二に、CPIの数字だけでなく、今日は他にもニュースがありました。オンチェーンデータによると、シルクロードマーケットプレイスから押収されたビットコインの保有と関連付けられたとされる2つのウォレットが、3つの取引で9,825ビットコイン(301百万ドル)を移動しました。このような売り圧力が、良いインフレ情報を上回る可能性があります。

米国のインフレ鈍化を予測する?

最後に、市場は予測します。ビットコインの価格は6月中旬以降20%以上上昇しています。その引き金とされるのは、ブラックロックのスポットETF申請(およびFidelityを含む他の資産運用会社の後続の申請)と一般的に考えられていますが、一部の上昇トレンドは6月のインフレ報告の改善を嗅ぎつけた市場によるものかもしれません。ティミラオスも指摘するように、CPIの一部要素の緩和については長い間話がされていました。

従来の市場

ビットコインのブルたちが二重に失望しているかもしれないのは、従来の市場が弱いインフレ報告を完全に受け入れたように見えることです。ドルインデックスは1%以上下落しており、これはインフレ懸念とそれに続く将来の連邦準備制度の利上げの可能性が減退していることを示しています。10年債券利回りは13ベーシスポイント(0.13%)下落し、3.84%になり、2年債券利回りも同じ程度下落し、4.74%になりました。水曜日にはビットコインは下落していますが、ナスダックとS&P 500はそれぞれ約1%上昇し、過去最高値を更新しています。

ニック・ベイカーによる編集。