「ビットコインのマイニング難易度がBTC価格の下落にもかかわらず、新たな最高値に急上昇」

Despite the decline in BTC price, Bitcoin mining difficulty soars to new all-time high.

最近のBTC価格の下落にもかかわらず、オンチェーンデータによれば、マイナーはマイニング難易度が過去最高に達したことにあまり注意を払っていないようです。過去1週間でBTC/USDは少なくとも11%下落しましたが、ビットコインマイナーはなぜか資産クラスへの信頼を保ち続けています。

ビットコインのマイニング難易度は、しばらくの間下降傾向にありましたが、突然上昇しました。最新の2週間ごとの自動調整が8月22日に行われた際、ネットワークの活動状況によれば、難易度は6%以上急上昇しました。興味深いことに、その急上昇分は新たな歴史的な高水準に達するに十分な量でした。

モニタリングプラットフォームBTC.comによれば、ビットコインのマイニング難易度は2023年において6番目に大きな上昇を見せています。

ビットコインのマイニング難易度は収益性を示唆している

マイニング難易度とは、マイニング活動中に遭遇する競争の量を指します。そして、それは常にマイニングビジネスがどれほど収益性があるかを反映しています。つまり、ネットワークが収益性が低い場合、競争は比較的低くなり、逆もまた然りです。

この見方に従えば、収益性の面でマイナーがまだ苦しんでいないと言えるかもしれません。したがって、先ほど記録されたマイニング難易度の上昇ということです。

すべての兆候から判断すると、次の自動調整もこの傾向を継続すると予想されています。つまり、難易度が初めて56兆を超える可能性があるということです。

一方、難易度が現在「高い信頼性」を示しているネットワークの基本的な要素は、難易度だけではありません。ハッシュレートももう一つの指標です。現在、ハッシュレートは秒間400エクザハッシュを超える過去最高値を更新しようとしています。

これらのデータにより、アナリストたちはBitcoinと最大のオルトコインであるEther (ETH) の将来について楽観的な見方をしています。オンチェーン分析プラットフォームCryptoQuantの貢献者であるMAC_Dによれば、BTCとETHネットワークのセキュリティと信頼性に対する参加者の自信が漂っています。MAC_DはQuicktake市場アップデートで以下のように述べています:

「価格が上がっていないにもかかわらず、2つの資産の内的価値が増加している事実は、それらが過小評価されており、積極的に資産を蓄積する時期と考えられます。」

一方、8月の開始以来、マイニングエンティティが保有するBTCの量もわずかに増加しています(0.08%)。