2022年の縮小発表にもかかわらず、Tetherステーブルコインの貸出は2023年に増加

Despite the announcement of a reduction in 2022, lending of Tether stablecoin is expected to increase in 2023.

仮想通貨市場で最大のステーブルコイン発行者であるテザーは、2022年12月にそのような貸出をゼロにすると発表したにもかかわらず、2023年にはステーブルコインの貸出、または担保付きローンが増加しています。

会社の最新の四半期報告書で、テザーは2022年6月30日現在の貸出残高が53億ドルから55億ドルに増加したことを述べています。 テザーの広報担当者は、ステーブルコインの貸出増加は、同社が「長年の関係を築いてきたクライアントからの数件の短期ローンの要求」によるものだとThe Wall Street Journal(WSJ)に語りました。広報担当者はまた、同社が2024年までにこのような貸出をゼロにする計画であると述べました。

2023年に増加するテザーのステーブルコインローン。 出典:The Company

ステーブルコインローンは、テザーにとって人気のある融資商品となり、顧客が一定の担保と引き換えにテザーからUSDTを借りることができるものでした。ただし、これらの担保付きローンは、担保や借り手に関する透明性の欠如から常に論争の的となっていました。

2022年12月のWSJの報道では、これらの製品について懸念を示し、ローンが完全に担保されていないと主張しました。 WSJは、危機の際にテザーが償還要件を満たす能力に疑問を呈しました。

関連記事:Crypto Biz:テザーのFUDは止められない

テザーは、2023年に担保付きローンを廃止する計画を発表する前に、2022年にこれらの論争に対処しました。当時、ステーブルコイン発行者は、担保付きローンに関する懸念を「FUD(不正確で恐怖を煽る情報)」と呼び、ローンが過剰に担保されていると主張しました。

テザーの担保付きローンの最近の増加は、市場支配力の向上と同社の利益増加と共に行われました。テザーは2022年に2億5000万ドルから2023年9月に33億ドルの余剰準備金を報告しました。Cointelegraphはコメントを求めるためにテザーに連絡しましたが、回答は得られていません。

ただし、テザーはWSJの記事に対して、安定コインローンに関する出版物の懸念は不要であると主張する回答を発表しました。テザーは、30億ドルの超過資本を持ち、「年間40億ドルの利益を上げる予定であり、これらの担保付きローンをオフセットし、その利益を会社の財務諸表に保持している」と述べました。テザーは依然として担保付きローンを予備資産から削除することに取り組んでいます。

この記事をNFTとして収集し、歴史の一瞬を保存し、仮想通貨空間での独立したジャーナリズムを支援しましょう。

雑誌: 預金リスク:仮想通貨取引所は実際にどのように資金を扱っているのか?