デンマークは、Saxo Bankに対して暗号通貨の保有を削除するよう命じました

デンマークの金融規制当局は、暗号通貨サービスプロバイダーを取り締まり、現地の銀行が取引リスクに対するヘッジとして暗号通貨を保有することを許可しないと宣言しました。

7月4日、デンマーク金融監督局(DFSA)は正式に、現地の投資銀行であるサクソバンクが自己の暗号通貨保有を処分するよう命じました。

規制当局は、サクソバンクの暗号通貨活動が「金融機関の法的業務領域外にある」と述べ、デンマークの金融業法第24条を引用しました。

DFSAによると、サクソバンクは顧客に対してプラットフォームを通じていくつかの暗号通貨商品の取引の機会を提供しています。規制当局は、同社がいくつかの暗号通貨連動型上場投資信託や上場ノートも提供しており、「暗号資産への投機が可能である」と述べています。

さらに、サクソバンクは自己の暗号通貨資産ポートフォリオも保有しており、これは同行の暗号通貨商品に関連する市場リスクを相殺するためのヘッジとして保持されているとDFSAは述べています。

DFSAは、デンマークの金融業法の付録1を引用し、暗号資産の取引はデンマークの金融機関の法的業務領域に含まれていないようです。DFSAは以下のように述べています。

「上記の理由に基づき、サクソバンクの自己の暗号通貨資産による取引は、金融機関の法的業務領域外と判断されました。このため、サクソバンクには自己の暗号通貨資産を処分するよう命じられます。」

DFSAは発表の中で、欧州のマーケット・イン・クリプト・アセット(MiCA)規制にも言及しました。規制当局は、MiCA規制は2024年12月に完全に施行されると述べました。「この分野は現時点では未規制のままです」と規制当局は付け加えました。

DFSAからの命令により、サクソバンクは暗号通貨の提供を停止するわけではありません。サクソバンクのグローバルコミュニケーション担当者であるラッセ・リルホルト氏はKocooに対して次のように述べています。

「私たちはもちろん金融監督局の決定を考慮し、慎重に読んでそれにどのように対応するかを検討します」と代表者は述べました。サクソバンクの顧客は、基礎となる暗号通貨を所有するのではなく、暗号通貨の価格に連動する金融商品を購入するとのことです。

関連記事: ブラックロックのビットコインETFの提出書類によれば、Coinbaseは「監視情報の共有」パートナーとなる

広報担当者はまた、サクソバンクが「非常に限られた範囲の暗号通貨ポートフォリオ」を保有しており、それは暗号通貨資産の取引の仲介に関連するリスクの一部をヘッジするためだけであると述べました。代表者は以下のように付け加えました。

「このリスクの大部分は上場投資信託や清算された商品を通じて緩和されています。したがって、金融監督庁の決定は私たちの事業にほとんど影響を及ぼさず、私たちの顧客は重要な変更を経験しません。」

デンマークの金融当局は、現地の暗号通貨規制についてやや不確実性を抱えているようです。一部の法的情報源によれば、ビットコイン(BTC)などの暗号通貨はデンマークの金融サービスのいずれのカテゴリにも該当せず、したがってDFSAの管轄範囲には含まれていないとされています。

不確実性にもかかわらず、DFSAは2023年4月にデンマークの暗号通貨関連スタートアップのJanuarに対して、30の欧州経済領域市場での事業を認可しました。また、デンマーク最高裁判所は、特定の状況下でのビットコインの売買が課税イベントとみなされるかどうかについて2つの判決を下しました。

雑誌: AI Eye: AI旅行予約のおかしな点、ChatGPTの3つの奇妙な使い道、暗号通貨プラグイン