DeFiプロトコルがAlgorandの価値の55%を保有し、閉鎖する予定

DeFiプロトコルがAlgorandの55%を保有し、閉鎖予定

Algorandのレイヤー1ブロックチェーン上で最大の分散型金融プロトコルであるAlgofiは、「様々な要因の結合」により、最高の基準を維持することができなくなったため、閉鎖すると発表しました。

このプラットフォームは、貸出、借入、取引を提供しており、ブログ投稿によれば、まもなく引き出し専用モードに移行します。

Algofiは投稿において、「今日に至るまで、Algorandの技術と革新的なコンセンサスアルゴリズムへの信念は揺るがない」と述べています。

Algofiは、前回の牛市の絶頂期に設立され、当時のAlgorand(ALGO)の取引価格が1.85ドルであり、その後の暴落により、先月には0.09ドルまで下落しました。

この下落に加えて、米国証券取引委員会(SEC)が最近、アルゴランドを証券として指定するという攻撃的な姿勢を取ったことにより、以前は熱狂的だったブロックチェーン上のDeFiプロジェクトの成長が阻害されています。

DefiLlamaのデータによると、Algorand上の総ロックアップ価値(TVL)は現在5900万ドルであり、2月の2億ドルを超える額から大幅に減少しています。

発表がされて以降、TVLは10%以上減少しましたが、Algofiは現在もAlgorandブロックチェーン上の価値の半分以上を占めており、2022年の開始以来最も少ない価値を保持しています。

編集:Sheldon Reback