分散型取引所パンケーキスワップがPolygonのzkEVMブロックチェーン上で稼働開始

分散型取引所(DEX)のPancakeSwapは、ユーザーベースの拡大とプロトコルの収益構築の一環として、Polygon zkEVMネットワークで稼働する予定です。デベロッパーの”Chef Cocoa”はKocooに共有しました。

PancakeSwapはDEXとして、BNB Chain、Ethereum、Aptosブロックチェーン上のユーザーに対して、取引、貸出、抽選などのサービスを提供するためにスマートコントラクトを利用しています。プロトコルは、DefiLlamaのデータによると、水曜日時点で15億4000万ドル以上のトークンを保有しています。

Polygon zkEVM上の展開により、zkEVMネットワーク上で取引を行うユーザーにとって、より低い手数料と高速なトランザクションが提供されます。

現在、PancakeSwapのユーザーは、最低0.01%の手数料で取引を行うことができます。これはDEXの中でも最も低い手数料の1つです。

Polygon zkEVMは、3月のベータメインネットのローンチを完了して以来、総ロックバリュー(TVL)で2,800万ドル以上を集めています。このネットワークは、Polygonブロックチェーンの上に存在するプライバシーに特化したレイヤー2ブロックチェーンです。

編集:Nelson Wang