「今日の仮想通貨情報:DCGは2022年末以来、5億7500万ドルの債務を完済しました第3四半期には117の攻撃で7億2000万ドルが盗まれました」

「今日の仮想通貨ニュース:DCGが2022年末以来の5億7500万ドルの債務完済を発表、第3四半期には117件の攻撃で7億2000万ドルが盗まれました」

出典:AdobeStock / zimmytws

今日の仮想通貨およびブロックチェーン関連ニュースに目を凝らし、取り上げられていないストーリーを調査し、要点をお届けします。__________

  • Digital Currency Group(DCG)は、金融のベテランであるバリー・シルバートによって設立された仮想通貨会社であり、2022年末以来約5億7500万ドルの債務を返済してきました。ウォール・ストリート・ジャーナルによると、DCGは3四半期の株主への手紙で、約2億2500万ドルをドルとビットコインで破産した貸し手子会社のGenesisに支払ったと述べています。DCGはまだGenesisに約5000万ドルを支払う必要があります。また、DCGは3億5000万ドルのローンを保有会社であるEldridgeへの返済も行いました。
  • 2022年第3四半期には117件の主要な侵害があり、総額で7億2000万ドルが盗まれました。これにより、より厳密なセキュリティ対策の緊急性が示されました。ウェブ3のセキュリティ監査人であるHackenの最新レポートによると、第2四半期には131件のハックがあり、総額で3億2700万ドルが盗まれました。一つひとつの金融的影響は小さくても、ラグプールは驚くべき頻度で起こり、投資家の逃すことを恐れる心理を利用し、熱狂を利用しています。78件のラグプールのうち、12件しか監査を受けていないことが報告されています。レポートは、「チームからの迅速な対応は重要な局面を作り出すことができます。われわれの信頼軍は、通常、ハックの24時間以内に率直な対応をする真のチームを示しており、適切なコミュニケーションにより、ほとんどの資金が回収される可能性がある」と述べています。
  • Bitcoinのマイニング会社であるCathedra Bitcoinは、ビットコインマイニングマシン向けのアフターマーケットソフトウェア製品であるCathedraOSを発表しました。プレスリリースによると、CathedraOSはエンドユーザーライセンス契約の条件に同意するすべてのビットコインマイナーが無料で会社のウェブサイトからダウンロードすることができます。Cathedraは、ファームウェアのエンドユーザーごとに生成されるハッシュレートの一部を開発者手数料として受け取り、会社にとっての支出(CAPEX)と運用費(OPEX)のないハッシュレートの拡大を実現します。
  • ギャンブルソフトウェア開発会社であるSoftswissの分析によると、仮想通貨セグメントは広範なiGaming業界に比べて成長が鈍化しています。2023年の最初の3四半期において、iGaming市場は一貫して成長し続けました。賭け金総額は前年同期比で36.6%増加し、ベット数は50%近く増加しました。一方、2023年の最初の9カ月における仮想通貨によるベットは、前年同期比で18.7%の成長が見られ、仮想通貨によるベット数は2022年以降66.4%増加しました。仮想通貨の総ベット金額に占める割合は4.3ポイント下がり、最終的に28.5%になりました。
  • CoinExは、ブロックチェーンのセキュリティプロバイダSlowMistとの新たな戦略的提携を発表し、プラットフォームのセキュリティインフラと保護を強化すると発表しました。プレスリリースによると、CoinExとSlowMistは、当面、マネーロンダリング(AML)に焦点を当てています。この提携により、CoinExは、追跡、アセットトラッキング、知識共有の業界をリードする能力を活用して、セキュリティの実践を強化することができます。
  • Bitgetは、暗号通貨セクターのトップマーケットメーカーとの協力を目的としたインセンティブプログラムの開始を発表しました。プレスリリースによると、Bitget Spot Marketの流動性に貢献するパートナーに対して、取引手数料割引や毎月の報酬などのインセンティブを提供しています。プログラムの最初の月に参加するマーケットメーカーには、最大0.015%の割引が適用され、1つ目の割引率の恩恵を受けることができます。Bitgetのマーケットメーカーインセンティブプログラムは3つの段階に分かれています。