「ニューヨーク司法次官の民事訴訟に対する防衛戦略としてDCGが元トランプ弾劾弁護士を採用」

「ニューヨーク司法次官の民事訴訟に対する防衛戦略として、DCGがトランプ元大統領の弾劾弁護士を起用」

DCGは、NYAGの詐欺の告発に対する法的闘争で経験豊富な訴訟弁護士バリー・バークに頼る。画像提供:motortion、Adobe Stock。</img><figcaption aria-hidden=DCGは、ニューヨーク州司法長官レティティア・ジェームズによる告訴に直面し、激しい法的監視の下に置かれました。訴えに対抗するため、DCGは、元大統領ドナルド・トランプに対する事件で主席弾劾弁護士を務めた有名な訴訟弁護士バリー・バークを起用しました。

デジタル・カレンシー・グループ(DCG)は、2021年10月19日にニューヨーク州司法長官レティシア・ジェームズによって提起された 民事訴訟に直面しました。告訴内容に対抗するため、DCGは、かつて元大統領ドナルド・トランプに対する弾劾弁護士として活躍した名だたる訴訟弁護士バリー・バークを起用しました。

NYAGによるDCGへの告訴状に含まれる主張

ニューヨーク州司法長官レティティア・ジェームズによって提起された訴訟は、DCG、ジェネシス、およびジェミニに対して重大な告発を行っています

具体的には次のような主張がされています:

  • 「ジェミニ・アーン」として宣伝された低リスクなプログラムに関連するかなりのリスクを消費者に通知しなかったこと
  • ジェネシスでの不十分な担保付融資とアラメダリサーチへの融資集中に関する内部の懸念が開示されていなかったこと
  • 2022年6月の大量債務不履行後、DCGとジェネシスは、それらを開示する代わりに、10億ドル以上の損失を隠蔽したとされる
  • 2022年を通じて行われた公式声明により、ジェネシスとDCGの財務の健全性と安定性が誤って伝えられた

高名な経験豊富な訴訟弁護士

バリー・バーク

は、高リスクの事件に精通した高い経験を持つ弁護士です。バークは現在、クレイマー・レヴィンのパートナーであり、訴訟部門の責任者でもあります。彼は、大手企業だけでなく、スタートアップやテック企業の訴訟も担当してきました。彼はドナルド・トランプの最初の弾劾裁判の首席弾劾弁護士も務めました

バークは、元ニューヨーク市長ビル・デブラシオも代理で代表して連邦と地域の捜査に対応してきました。また、彼はChambers USAから「アメリカで最も優れた訴訟弁護士の一人」と評されています。

バークの専門知識から力を得て、DCGはニューヨーク州司法長官の訴訟に強く反論し、DCGの善意のガバナンス努力を根拠に、訴訟が無理なものであると主張しています。

「この誤った根拠のない訴訟は、『徳を積む者に災いが降る』という格言を証明しています。DCGとバリー・シルバートが訴えられるべきではなかったことを示すのを楽しみにしています」とバークはプレスリリースで述べています。

バークが彼らの法的戦略を指揮することで、DCGは訴訟に積極的に対抗し、NYAGからの告発に異議を唱えることが期待されています。彼らの弁明の要点は以下の通りです:

  • 消費者からリスクが隠されたという主張に反論する
  • 倫理的かつ透明に業務が遂行されたことを主張する
  • 損失が予期しない市場の出来事から引き起こされたと主張する
  • 子会社の事業を支援する努力を強調する

DCG、ジェネシス、ジェミニに対するNYAGの詐欺訴訟は、彼らの2021年の暗号通貨貸付プログラムにおけるリスクの開示の不足に関連して、企業に重大な法的脅威をもたらしています。DCGが名高い訴訟弁護士バリー・バークを雇用したことは、告発に対して激しく戦う意図を示しており、NYAGが求める厳しい業務制限を回避しようとするものです。しかし、重大な詐欺の告発があるため、企業は依然として激しい監視を受けています。

事件が進行するにつれて、DCGはニューヨークの運営に直面している法的な告発を反論し、悪意や欺瞞の主張を論破する準備をしているようです。今後数ヶ月にわたって、DCGがバークの専門知識を駆使して訴訟に対抗することができるか、または投資家たちが数十億ドルを失ったことにより厳しい法的結果に直面することになるのかが決定されます。