DCGは、ウィンクルヴォス兄弟によるジェミニ訴訟を「宣伝手段」として一蹴する

デジタル通貨グループは、ジェミニが提起した債権者を欺いたとする訴訟に対して、キャメロン・ウィンクルヴォスによる「宣伝の仕掛け」と呼び返答しました。

ジェミニは昨日、DCG及びそのCEOであるバリー・シルバートに対して、債権者に対する詐欺行為を組織し直接行ったとして訴訟を提起したことを明らかにしました。

ジェミニは、DCGのCEOがジェネシスの経済破綻を十分に認識しているにもかかわらず、Earnプログラムを継続するように推進したと主張しています。

キャメロン・ウィンクルヴォスは、バリー・シルバート及びDCGの幹部がジェミニや他の債権者に真実を隠すために何度も嘘をついたと主張しました。

DCGの子会社であるジェネシスは、ジェミニのEarnプログラムの利用者やその他の債権者に対して、約10億ドルの債務を抱えています。

DCGはジェミニの訴訟を根拠のない中傷と呼びました

DCGは昨晩、最新の訴訟はキャメロン・ウィンクルヴォスによる自身とジェミニへの非難や責任転嫁のための宣伝の仕掛けに過ぎないとする声明を発表しました。

バリー・シルバート率いるコングロマリットは、同社または従業員の不正行為を示唆するような主張は根拠のない中傷であり、完全に誤りであると述べました。

声明によれば、DCGのリーダーは公式の無担保債権者委員会および臨時委員会の代表と積極的な交渉を行っており、合意に達するために一生懸命取り組んでいるということです。

さらに、DCGの声明は、DCGのリーダーが一生懸命に交渉に取り組んでいる間、ジェミニのリーダーシップは行方不明であり、プレスリリースを発表していると非難しました。

DCGの声明は、ウィンクルヴォス兄弟のいずれもが対面での会議に関与していなかったと主張し、以下のように結論付けました:

「調停プロセスは終盤に近づいており、ジェネシスの第11章の結論を近々までに導くことを期待しています。」

ウィンクルヴォス兄弟がDCGとバリー・シルバートを詐欺行為で非難

DCGの声明に対応して、タイラー・ウィンクルヴォスはツイートでDCGとバリー・シルバートが33ページの告訴状で提起されたいかなる主張にも反応せず、否定しなかったことを指摘しました。「具体的にどの部分が「根拠のない中傷であり、完全に誤り」なのか、タイラーは尋ねました。

ジェミニ共同創業者は、DCGとバリーがジェネシスの財務状況に関して債権者を誤解させるために直接関与していたと主張しました。

ジェミニは訴訟で、2022年6月にThree Arrows Capital(3AC)が崩壊し、ジェネシスの財務状況に12億ドルの穴を残したと主張しています。

当時、ジェミニはDCGが損失を吸収するために介入したと確信しており、ジェミニはこれが意図的な嘘であると主張しています。

ウィンクルヴォス兄弟は、問題を解決しない場合に法的手続きを取るとDCGに繰り返し警告していました。