データは、暗号通貨のTwitter上で「偽フォロワー」の問題が持続していることを明らかにしています

デジタル資産の口座や暗号通貨の有名人たちは、Twitter上で「偽フォロワーの増加」に直面していることが新しい報告書で明らかになりました。

ソーシャルメディア巨大企業を買収した440億ドルの取引に続いて、イーロン・マスクはTwitterにおいて「スパムボット」と呼ばれる偽アカウントに取り組むことを最優先事項としています。偽アカウントは2022年4月にマスクがツイートしたところによれば、Twitter上で最も迷惑な問題です。

しかし、最近のdappGamblのデータによると、プラットフォーム上の仮想通貨アカウントやインフルエンサーのフォロワーのうち、最大10%が偽者であることが判明しました。

暗号通貨プロジェクトの公式アカウントの中で、Shiba Inu(SHIB)が最も多くの偽フォロワーを持っており、約8万アカウントまたは10.26%です。Avalanche(AVAX)とPolygon(MATIC)はそれぞれ8.14%と7.58%の偽フォロワーを持っています。

「偽フォロワーの多さは、人気と通貨の新規性に起因する可能性があります。ボットがフォロワー数を人工的に増やし、実際よりも人気があるように見せかけるためです。」

特筆すべきは、Dai(DAI)がTwitter上で最も愛される通貨となり、10点満点の評価を獲得したことです。一方、Ripple(XRP)は最も嫌われる通貨とされ、4.1の評価を受けました。

マスクのTwitterブルーメジャーはボットを排除することに失敗したのか?

マスクは3月のツイートで、4月からは認証済みアカウントのみが「青いチェックマーク」をアカウント名の横に表示できる資格を持つと語りました。これが高度なボットに対処する唯一の現実的な方法だと述べています。

しかし、マスク自身のTwitterアカウントには4.76%の本物ではない人物がおり、合計1416万人のフォロワーのうち約670万人が偽フォロワーです。

最も多くの偽フォロワーを集めたトップの仮想通貨インフルエンサーには、@Excellionとして知られるサムソン・モウ(Samson Mow)氏が10%のTwitterフォロワーを持っています。

元Twitter CEOのジャック・ドーシー氏、エルサルバドル大統領のナユブ・ブケレ氏、およびイーサリアム共同創設者のヴィタリック・ブテリン氏も多数の偽フォロワーを持っています。

最近、イーロン・マスクは詐欺と呼ばれる人気のあるTwitterボット「Explain This Bob」を停止しました。偽フォロワーの存在が続く中、仮想通貨企業やインフルエンサーはこの問題に対処するために堅牢な措置を講じることが重要となっています。